【夫婦問題】反省している、修復したいと言う夫を、もう許せないのではないかと心配

【相談】38才女性

婿取り結婚です。
子供(跡取り)が生まれ、子供が1才半の時に『父が死んだ時に離婚しなさい。』と両親に言われました。
というのが、家業を、跡取り娘である私に断りもなく引き継がないと親に告げ、会社を清算させてしまっていたのです。
親には、私も会社を引き継がないことに同意していると誤解されて、子供が産まれるまで、勘当されていました。

子供が産まれ、両親と会うようになって、婿が話をすり替えてることに父が気付き、離婚しなさいという話になりました。

一年かかって、ようやく精神状態が安定しました。

婿は、高学歴ですが、会社を転々と変えています。自分に不都合な事実を隠すくせがあり、浪費癖もあります。生活費は、入れますが、子育てには参加せず、家庭的ではありません。父とも不仲で、介護も手伝う気持ちはありません。事実が分からなければ、私に入るであろう相続を、どうやって自分が使うか考えていたようです。『相続は放棄する』と言ったら、今すぐ離婚しろとも言われたことがありました。

今は、反省していると言い、修復したいと言ってきています。
私に、会社清算させたことを許せるか、もう許せないのではないかと不安です。

【夫の気持ちが分かる!男性カウンセラー 下木修一郎の回答】

大切なお父様、そして家業を廃業させてしまったご主人を許せないと思う気持ち、理解できます。

しかし、本当の気持ちは、血がつながったものでしか分らないようにも思います。今のご主人に本当のところは分らないでしょう。そして、それを望んでも、あなたの納得いく答えは得られないでしょう。

ですから、ご主人を許すことはできないと思います。
でも、それでいいように思います。許せないことは、仕方ないことです。
無理やり許す必要はありません。

今後、ご主人と共に歩いて行けるかどうかは、会社を清算させた事柄ではなく、今後のご主人との関係を想像できるかどうかにあると思います。

ご主人の性格についてお話頂いていますが、今のあなたの文章には、会社を清算させてしまったご主人に対しての憎しみが溢れています。客観的にご自身を見ることができていません。その状態では、離婚、修復のどちらを判断をしても、不安と後悔が残ってしまうかもしれません。

ご自身の中にあるご主人への本当の想いと、ご主人がやったことの区別をすることが、この後の後悔の無い将来を歩いて行くために必要な行動です。ひとりでは難しいこどだと思いますので、第三者でご相談できる方をお探しください。(血縁への相談は客観性が持てないでしょう)

プロのカウンセリングを活用されると、早く楽に現在の状況、そしてこれからやることを明確にしてくれると思います。もしよろしければご連絡ください。お力になります。あなたの未来が笑顔に溢れますように願ってます!
(リコナビより転記、加筆修正)

「とても前向きな気持ちになりました!」

多くのお客様からカウンセリング後に「前向きな気持ちになりました!」とおっしゃって頂いています。前向きな心が自信を生み出し、行動する力となるのです!

夫婦仲が悪くなるのは本当に辛い。でも眉間にシワ寄せていても夫婦仲が良くなることは決してありません。苦しいときだからこそ前向きに頑張ることが、夫婦再生の鍵です。

こんな濃い顔のオッサンですが、全力で応援します^^)

shushimokicur夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
夫が何を考えているのか分からないあなたへ『夫のホンネがわかる動画』も絶賛公開中です。

↓夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
bnr_contact