旦那が非常に子供。調停離婚をうまく成立させるためには?【夫婦相談】

【相談】y.k.さん 32才女性

現在2か月の女児がいます。これまで何度も性格の不一致からの喧嘩はありましたが、妊娠をきっかけにそれなりに夫婦仲はうまくやってきました。
ところが、産後子供の行事で旦那と私の両親が会うことが増え、あることをきっかけに旦那が私の両親が気に食わないと言い出し、直接両親へ文句をつけるようなことがあり、関係がこじれました。理由は非常にささいなことで、私からすれば旦那が非常に子供だと思います。
それを見たとたん、これまで何度喧嘩しても私からなんとか関係を修復してきましたが(旦那は絶対に自分からは謝らない人なので)とたんに気持ちが切れ、離婚を具体的に考えています。
旦那は喧嘩のたびに「離婚だ」と言い放つような人ですが、いざ具体的な話となるとどうやら本気で離婚する気はなさそうです。
とにかくプライドが高く、利己的な人なので、協議離婚ではうまくおさまらないと思うので、調停離婚に持ち込みたいのですが、以下をうまく成立させるためにどのような準備をすべきでしょうか。

●現在は私が娘と実家にて生活、このまま別居するかどうか思案中
●都内にマンションを共同名義で所有。
頭金1000万は義母から、ローンは夫婦で1400万ずつ
私としてはマンションを所有したい
●現在育児休暇中のため収入はないが、8月には復帰をしたい。ただし、保育園が決まらないため、8月復帰は不確実なものの、シングルマザーになったほうが保育園には入りやすいので復帰前に離婚すべきかどうか悩んでいる
●おそらく私がマンション所有を言い出せば、理由はなく反対すると思うので、子供の保育園が決まってからその話を切り出したほうがよいかとも思う
●その他の資産としては、ヒルトンのバケーションクラブを約150万で購入(こちらも共同名義でロサンゼルスの物件を所有)、旦那名義の口座で二人の生活資金としての預金が約300万
●浮気や不貞行為はないと思うが、1人怪しい女性がおり、以前彼女の存在を口頭で認めたことがある。その際、子供とは接見禁止になってもよいと発言しているが、録音も証書もないため証拠がない
●旦那の収入は約500万、私は約650万と、私のほうが収入があるが養育費は支払ってほしい
●慰謝料は特に請求するつもりはないが、結婚当初からセックスレスで月1回無い時もあり、それも離婚原因の一つで、それを理由に慰謝料がとれるか

【夫の気持ちが分かる!男性カウンセラー 下木修一郎の回答】

直接ご両親に文句を言うなんて、酷いですね。自分の両親に対して文句を言われると、信頼関係を築くことも難しくなりますね。それは男も同じですから、とても理解できます。

私の想像ですが、ご主人がそのような行動を起こす背景には、 ご主人の家庭内での立場の弱さがあるように思います。(それを未熟さ(子供)と言われると、それはそうなのですが…) 義両親に対して文句を言うような行動を取るのは、相当追い込まれているよう感じます。 あなたが「非常にささい」と感じた程度の問題を、ご主人は「大問題」と感じ文句を言う程ですから、きっと普通の状態では無かったのでしょう。

追い込まれた原因のひとつは、年齢が上にも関わらず、ご相談者さまより収入が低いことかもしれません。「離婚だ」という脅しは、弱い犬が吠えている姿を想像させます。プライドが高く利己的に見えるのは、自信の無さを隠すための虚勢ではないでしょうか。ご主人、家庭で自分の立場を守るために必死なのです。

ご主人がご相談者さまの収入を超えることが無い限り、この状態は続きます。

このように収入が逆転したご夫婦で、プライドの高い夫とでもうまく夫婦を続ける唯一の方法は、ご主人の自尊心を育てるスタイルを選択することです。
プライドは否定されるほど厄介な存在になります。 「すごいね!」と声をかけることで、ご主人はあなたという大切な存在から認められたと感じ、家庭内でも余裕を持つことができます。それは相談者さまへ愛情を注ぐ余裕へとつながります。

もう一つの大切な視点、お嬢さんにとっての幸せを考えてみます。
2ヶ月の可愛いお嬢さんにとって、ご相談者さまは世界でひとりのママ。そしてご主人も、世界でひとりしかいないパパ。お嬢さんにとっては、どちらも世界にひとりしかいない「かけがえの無い存在」です。子供にとってご主人(パパ)は、お金で補えるものではありません。

「非常にささい」な問題で、ご相談者さまが人生のパートナーとして決められた、そしてお嬢さんにとって大切な存在であるご主人さまとの離婚を、私はおすすめできません。ごめんなさい。

「調停離婚をうまく成立させたい」というご相談を頂きました。少しでも有利に離婚を進めたいというお気持ちは分ります。
ですが、結婚と同じく、離婚もふたりでするものなので、片方が有利な条件をそのまま受け入れるような相手はいません。
(よほど弱みがあるか、よほど愛していれば、要求を飲むかもしれませんね)
憎くて仕方ない相手だとは思いますが、もし、本当にこれらの要求を通したいのであれば、相手の気持ちを徹底的に理解し、交渉する必要があるでしょう。
それが面倒であれば、離婚に強い弁護士に依頼されれば、具体的な数字と、相手に勝つための戦略を出して頂けると思います。

夫婦の関係は待望の子供を授かり産まれることで大きく変化します。これは例外無くほとんどの夫婦に訪れる「危機」と言えます。この危機は、これから50年夫婦を続けるための最初の試練であり、「情」を育むために必要なステップだと言われています。

ご相談者さまには、このステップに挑んで頂きたいのです。それは、ご相談者さまの今後の幸せのために必要だからです。
どうか一度立ち止まって考えてみてください。
(リコナビより転記、加筆修正)

「とても前向きな気持ちになりました!」

多くのお客様からカウンセリング後に「前向きな気持ちになりました!」とおっしゃって頂いています。前向きな心が自信を生み出し、行動する力となるのです!

夫婦仲が悪くなるのは本当に辛い。でも眉間にシワ寄せていても夫婦仲が良くなることは決してありません。苦しいときだからこそ前向きに頑張ることが、夫婦再生の鍵です。

こんな濃い顔のオッサンですが、全力で応援します^^)

shushimokicur夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
夫が何を考えているのか分からないあなたへ『夫のホンネがわかる動画』も絶賛公開中です。

↓夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
bnr_contact