【夫婦相談】結婚して3ヶ月で離婚して欲しいと言い出す夫

30才女性からの相談

結婚してまだ3ヶ月ですが、すでに離婚を言われました。
結婚したこと自体間違った、顔も見たくないと言われています。
結婚した日に一度ありましたが、それからはレスで、女としてもみれないと言われました。
なぜそうなってしまったのか原因は教えてもらえず分からないままです。ただ、お前が悪いわけではないので変わる必要はない、自分の問題だからとは言っていました。
また、子供が欲しいという気持ちには変わりはないらしく、年齢的な不安を話すと結婚前から決めていた子作り計画を早めようか。と提案もしてくれてはいました。
ですが、これだけではやはり納得がいかないというか、女性としては見れないが子供は欲しいでは原因がわからずただただ不安です。

旦那は、結婚を決めるまで週の殆どを飲みに歩いていました。休みの前の日は朝まで飲むのが当たり前。私と一緒に過ごすのは日曜日だけでした。
ただ、結婚したら飲み方は変える。と、自ら言っており、確かに結婚してからは回数は減らしてくれてはいます。
が、やはり平日に1、2回と金曜は毎週飲みに行き、金曜は朝まで帰ってきません。

付き合ってた時に浮気をされたことがあることと、現状、レスなことがあり、朝まで帰ってこないことに対して浮気を疑ってしまい、色々言ってしまいました。
本当に飲み歩いているだけだとは思うんですが、朝までって所で前に浮気されたことが頭を余儀ってしまい、心配になってしまうんです。

また、私の誕生日に一緒にご飯を食べに行こうとお店を予約してくれてたんですが、誕生日の2日前に会社の女性の先輩に誘われたからと、そのお店に行くといい、行ってました。
私としてはやはり誕生日のお祝いとして一緒に楽しみたかったのと2日後に同じ物を食べるのも嫌だろうなと思い、予約をキャンセルして別なお店にしよう。と提案しましたが、旦那は理解してくれず、その女性と飲みに行ったことが嫌でそれに対する嫌がらせか?といってました。そこでまた喧嘩。

喧嘩なんてしたくないんですが、色々な事がかさなり不安と寂しさから旦那がどこで何をしていたのか気になってしまい、問い詰めてしまってました。
でも、問い詰めれば問い詰めるほど喧嘩になり、飲みに行くたびにどうでもいいことで喧嘩するようになってしまいました。

そこで先日、もう本当に離婚すると言われました。
私としては結婚したばかりで、付き合ってた時も一緒に住んでたわけではないので色々あるだろうなとは思ってはいましたし、喧嘩しつつもそれを乗り越えてこそ夫婦の絆も強まっていくものだと思っていましたが、旦那は今までの楽しかった事も全て否定し、修復はするつもりもないそうです。
離婚以外考えないと言っています。

飲みに行くことを色言い過ぎたなと反省する反面、ここから修復出来るのだろうかと不安な毎日です。

私としては修復したいですが、もしこのまま離婚となった場合、慰謝料とかはどうなりますか。

【夫婦カウンセラー 下木修一郎の回答】

たった3ヶ月で離婚を言われてしまったのですか!!それどころか、結婚したことも間違いだったなんて。ヒドイ言い方です。そんなことをご主人から言われているのです、体調も心も苦しい状況ですよね。かなりお辛いことと思います。大丈夫でしょうか。

あなたのケースでは、という意味ではありませんが、「自分の問題だ」という男性には浮気しているということもよくあります。

ご主人、子作りの意思はあったようですので、結婚したらもしかしたらうまくやれるかもしれない、という感覚は持っていたようですね。

付き合った期間がわかりませんが、年齢と結婚日数から考えると、一般的に「女性としては見られない」という言葉の意味で使われる飽きた、や年齢的なものを指しているようには思えません。ここはそのまま受け取るべきではないでしょう。

浮気をされたこともあったり、レスだったり、朝帰りもあれば、疑うことは仕方ないと思います。
誕生日の2日前に、他の女性と予約していたお店に行くご主人。正直耳を疑いました。あまりにもデリカシーの無い行為だし、あなたを大切にしていない。また、予約をキャンセルして別の店に行こうと提案したあなたに対して「嫌がらせ」と取るなんて・・・。こんどは空いた口がふさがりません。

ケンカなんてしたくないですよね。ただこのご主人といたら、普通誰だってケンカになってしまいますよ。あなたは悪くないです。

自分自身の行為に対して反省することもなく、あなたの不安を受け取ることもなく、たった3ヶ月で離婚を言い出すご主人。あなたの「言い過ぎた」という反省はもちろんあるでしょうし、良くない部分は変えていかなければなりません。しかし、このご主人とこれから先どうやっていくかというところが最も重要なところです。

しかし、私ですら、そのイメージを描くことができません。

もちろん簡単に離婚をすすめるつもりはありませんが、このご主人のあまりにの理不尽さを考えると、離婚のことを考えるのは当然のことです。

慰謝料に関してはご主人の収入や結婚年数などを考慮して決定されますが、結婚期間が短いこともあり現実にはあまり多くは望めないでしょう。

ただ、結婚に対してあまりにもいい加減な姿勢。もちろん詳しくお聞きしなければ判断はできませんが、他に女性が居る可能性も充分に考えられると思います。もし不倫だったとしたら、慰謝料は当然しっかりと発生します。

このご主人との結婚生活をどうするか。ひとりで進めていくのはものすごく不安だと思います。あまりご自身を追い詰めると体調はもちろん心も病気になりかねません。どうか早めにご相談ください。あなたの話をしっかりとお聞きして、お力になります。あなたは悪くないのですから!
(リコナビより転記、加筆修正)


夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家