ささいなことでキレて怒鳴ったり大切にしている物を壊したり捨てられる【夫婦相談】

32才女性

夫がささいなことでキレて怒鳴ることや、喧嘩になると私の大切にしている物を壊したり捨てたりします。

結婚式の写真を捨てられ、写真たてを床にたたきつけて壊されました。
携帯電話を半分に折られて、電話帳や写真を含めてデータを全て失いました。泣きながら止める私を無視して、当時1歳の息子を自分の実家に連れ去りました。あまりのショックに、真夜中でしたが実家に子どもを返してもらいに行くと、義父母が同情して夫を叱ってくれたので、携帯電話は買って返してくれました。

それでも、夫に対する不安と恐怖心は消えずに残りましたが、第二子の妊娠を機に、よい方向へ考えようとしてきました。出産後、また喧嘩が増えてきて、今実家の敷地内に家を建てる方向で話が進んでいますが、どうしても不安です。不安だと打ち明けると、子どもたちは自分と一緒に新しい家で暮らすので、お前はアパートに残れと言われました。私は子どもと離れたくないので、一緒に行くことにしました。

数日後、夫が脱ぎ捨てたシャツを片付けてと注意したのをきっかけに、夫が怒り出し、挙句には「片付けるのを待てないお前も悪い」「謝ってやってるのに、調子にのりやがって」と罵られ、私の目を盗んで、私が書いた原稿をゴミ箱に捨てていました。
「もう限界です。離婚してください。」と話したら、「自分のわがままで離婚するんだから、子どもは置いて私だけ出て行け」と言います。それは絶対に嫌だ私が言うと、もう第三者(家庭裁判所)に決めてもらうしかないとまで言われました。子どものことを考えると、離婚は避けたいですが、私も精神的に限界です。裁判になってでも離婚すべきか悩んでいます。

【夫の気持ちが分かる!男性カウンセラー 下木修一郎の回答】

こんにちは。拝読させて頂きました。落ち着かない日々の連続の様ですね。心の痛手は言うまでもありませんが…体調に支障はありませんか?お子さんの心身は大丈夫でしょうか?
ご主人の言動は威圧感でいっぱいですね。怖かったことと思います。

でも、なぜそこまでやってしまうのか。
頂いた情報からはちょっと推測しがたい部分が有るのですが、もともとの生まれ持っている精神障害のようなものだったりするものならば、あなたがその物を理解し上手く付き合って行かなければ回避できないですね。

もしかして、あなた自身が気づいていない間に彼の癇に障る行動をとってしてしまっているかもしれません。そのようなケースはよくあるのです。

シャツを付ける習慣が無い人にとっては、片づけると言う行為はわざわざ意識しなければできません。無意識にできるあなたとご主人では、片付けるテンポもその重要性も違うのです。(洗濯物をするあなたにとっては重要な問題ですが、ご主人にとっては…ただの面倒なこと)

「片付けるのを待てないお前も悪い」は完全に揚げ足取りですが、片付ける習慣のない人に片づけをさせるのは子育てと同じように「片付けてくれたの?ありがとう!たすかるわぁ〜♪」くらいの分かりやすい報酬が必要です。面倒ですけど。

男は結構プライドが高いから、甘えられることは嬉しいけど、上から目線は無意識に反論してしまうのです>_<)

もう一つ。新築に移り住むことを「不安…」とだけ言ってしまっているけど、何に付いて不安なのかを話しましたか?
『素敵な家庭を築きあげよう! 俺、頑張んなくちゃなぁ!』と夢描いている旦那さんが、てっきり同じ気持ちでいてくれると思っていた奥さんに「不安宣言」をされて…カァッ!!売り言葉に買い言葉になってしまったのではないかなと思います。

これらのこと、頭ではわかっていても、なかなか行動を変えることは難しいでしょう。
自分だって一所懸命がんばっている。感謝されたいのはこっちなのに!と。

ですが、現状のままでは相当精神的に厳しい状態が続くと思います。ご自身の気持ちを大きく切り替えなければなりません。ご主人の振る舞いに巻き込まれた現状から抜け出すために、しっかりと立ち止まり、将来のイメージを描くことが大切です。それができれば離婚を避けるという消極的な選択ではなく、幸せになるために積極的に行動したい!という心構えが生まれます。
おひとりで乗り越えるのは大変だと思います。ご相談ください。お力になります。頑張りましょう!

※離婚に至っては彼が言う通り第三者を介しての進め方は調停と言うは平等な立場の調停員が両者の意見を聞き、子を第一に守りながら話を進めてはくれますから良い場だと思います。親権はさておき監護権については未だ、お子さんの月例から生活面の擁護を必要とすると思われるので、あなたの生活(居住、収入、擁護等)の安定がある程度はかられていれば、夫に監護権がいくことは考えにくいと思います。

(リコナビより転記、加筆修正)

「とても前向きな気持ちになりました!」

多くのお客様からカウンセリング後に「前向きな気持ちになりました!」とおっしゃって頂いています。前向きな心が自信を生み出し、行動する力となるのです!

夫婦仲が悪くなるのは本当に辛い。でも眉間にシワ寄せていても夫婦仲が良くなることは決してありません。苦しいときだからこそ前向きに頑張ることが、夫婦再生の鍵です。

こんな濃い顔のオッサンですが、全力で応援します^^)

shimoki150夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
夫が何を考えているのか分からないあなたへ『夫のホンネを知る動画』も絶賛公開中です。

↓夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
bnr_contact