「おはよう」の後に一言付けるだけで、目覚めの気持ち良さ倍増!

ohayo01

朝起きたとき「おはよう」を言ってると思いますが、ここにひとこと付け足すだけで、きゅん!とくる言葉に大変身。

それは・・・

おはように「奥さんの愛称」を付け足すのです。
(うちの奥さんは「ケロちゃん」なのでこんな感じ)

いつも言っている何気ない「おはよう」に名前を入れるだけで、奥さんは「私のためにおはようを言ってくれたんだ」と、ちょっと気分が良くなるのです。
名前入りのおはようは、少し丁寧な雰囲気がします。丁寧な挨拶を受けると、丁寧に扱われている気持ち、つまり大切にしてもらっている感覚を受けるのです。

※名前はおはようの前より後ろがポイント。名前を呼んだことをしっかりと伝えることが大切。せっかくの行為も伝わらなければ意味がないのですから。

相手の名前を呼ぶことは、言葉のスキンシップ。さらに「お母さん」「ママ」という役名ではなく、名前で呼ぶと効果10倍アップ間違い無し。

朝のせわしないない雰囲気が和らぎ、お互い気持ちよい一日のスタートをはじめることができる「おはよう+妻の名前」

「おはよう」をアップグレードしましょう!

執筆:下木修一郎(しもきしゅういちろう)
夫婦再生カウンセリング名古屋代表カウンセラー
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
▶下木修一郎のプロフィール