【夫婦相談】家族のために仕事をがんばっているのに家庭を顧みないと毎日罵倒する妻

【相談】35才男性

私は、職業がら帰宅が遅くになります。価値観の違いでしょうが、私は家族のために働いていると考えています(もちろん会社の仲間、自分の向上のためも在ります)が、妻は家庭を顧みないと毎日罵倒するのみです。夜の営みについても出産で性欲がうせた。要求すると頭おかしい呼ばわりです。自分に友人がいないので私のたまの交友も罵倒の的です。結局、自分が全て正しく、気に入らない事象があれば周りが悪いという考え方なので、議論の余地がありません。妻と結婚したのは自己責任です。他の理不尽なお話に比較して軽度の事例かもしれません。しかしながら、妻の利己的な態度と今後一緒にいなければならないと考えると絶望しかありません。一緒にいることに苦痛以外何も価値を見出せない状況です。妻に何とか工夫して状況を変えようとか、相手の考えを理解しようという気がなく、自分だけが正しいの繰返しです。いい大人が変わることは無いでしょう。なので、話し合いで解決できると思いません。子供のためには自分の人生諦めて現状維持をすべきか、離婚すべきか悩んでいます。アドバイスください。

【男性夫婦カウンセラーの回答】

shimoki150回答者 下木修一郎のプロフィール
軽度の事例なんてとんでもない。
夫婦のすれ違いは、当事者にとっては逃げることのできない重く苦しい状況を作り出します。

日々、お仕事お疲れさまです。朝早くから夜遅くまで一生懸命頑張っていらっしゃるあなたの後ろ姿が目に浮かびます。男は家族のために働くのです。そう思えば頑張れるのです。

しかし、それを理解してくれない妻を目の前にすると、自分が何のために働いているのかわからなくなる。軌道修正しようにもどうにもならないと感じてしまいますね。

さて、あなたも頭ではおわかりだと思いますが、分野は違えどご自身同様、奥様は育児、家事に追われながらも頑張っているわけです。

そんな奥さまの心境を女性カウンセラーに聞いてみたところ
「それは子供が小さいと家庭という小さな枠の中で、これと言った変化の無い日々、あなた以外には心許して話せる人がいない、話したいのにあなたはなかなか帰ってこない…さらなる孤独感。と言った繰り返しであなた同様行き場をなくしているのです。」
と教えてくれました。

奥様も『一人で育児を頑張っている』と思うようになっているのでしょう。毎日の罵倒は、あなたへの不安と淋しさと苦しさがあまりにも辛く、歪んで醜くなってしまった言葉です。

子どものために自分の人生を諦めて、なんて苦しいことを考えないでください。ガマンガマンで生きているあなたの辛そうな顔を子どもに見せ続けることが、子どもの将来に大きな影響を与えることは、あなたも分かっているはずです。

いまのあなたに足りないものがあるとすれば、
「奥さんを幸せにするとはどういうことか」
を考える時間です。

仕事をすることでは奥さんが幸せになれないのがわかっているのに、なぜ自分の得意なことしかやらないのか。それ以外の選択肢をかんがえなければなりません。

いろいろおっしゃっていただきましたが、あなたは奥さんに愛されたいのですよね。だったら、目の前にいる奥さんに愛される方法を考えるだけです。

夫婦はうまくいかないのが当たり前なのです。試行錯誤がいるのです。ビジネスと一緒ですね。

仕事ではさまざまな方法で苦難を乗り越えようとがんばってきましたね。あなたは本当にがんばってきたはずです。
だから、夫婦の危機を乗り越えることだって、あなたならきっとできる。
わたしはそう信じています。

「いつもありがとう」の言葉をかけてみる。
断れる飲み会なら断って帰宅してみる。
「たまにはふたりでお食事に行こう」って誘ってみる。
休日に家族で「出かけよう」って提案する。

一回目がダメでも、また声をかける。何度でもやる。

あなたが一所懸命がんばっても奥さんが振り向いてくれないのであれば、そのときは離婚すればいい。後悔はないはずです。

がんばって!!

もっと具体的な方法を知りたいと思われましたら、ご相談いただければと思います。女性カウンセラーの方がいいかもしれませんけれど(^^)
(リコナビより転記、加筆修正)

↓夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
bnr_contact

夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
refufubunner_wide_honne