【夫婦相談】旦那リストラ、聞いても言わずだまっているうえに生活費を入れてくれない

【相談】40才女性

旦那が度重なる転職につづきリストラされました。別居していたこともあり借金をつくってしまい、私は返済が終わりましたが旦那はまだ終わっていないようです、聞いても言わずだまっているうえに生活費を入れてくれなくなりました。家のローン、光熱費は払ってくれてますが遅れぎみです。借金のことも言わず生活費も入れてくれないならもう無理かと思っています。子供はパパ大好きですが、最近は気づいてるようで気をつかっています。昔は優しくて子供第一の人だったので悩んでいます

【夫の気持ちが分かる!男性カウンセラー 下木修一郎の回答】

不安な日々に心身共疲れてしまっていることだと思います。そういった中、よく頑張っていらっしゃいますね。
 
17年近く連れ添ったわけですが、多くのくい違いがあったのかもしれませんね。
ご主人の転職…外部的要因によるものなのか、野心旺盛なのか、心や身体に不自由があるのかはわかりませんが、夫の度重なる転職の度、あなたは不安に苛まれてこられたことでしょう。辛かったですね。

同じように、ご主人も不安だったと思います。家族のために働くことと自分のために働くことの狭間で、窒息しそうな思いだったのかもしれません。
リストラになったご主人はプライドもズタズタに裂かれ、自分自身の将来すら悲観的です。「聞いても言わず」とありますが、家族を支えていかなければならないプレッシャーとストレスから、あなたを安心させる、満足させるような言葉を発することができないのではないでしょうか。ご主人にもきっと言いたいことや愚痴もあるでしょう。じっと耐えているようです。これ以上責めたように思われると爆発してしまうかもしれませんね。

遅れ気味な光熱費、不安ですね。不安が先にでるとどうしても「大丈夫なの!?なんとか言ってよ!」という気持ちが先行し、”払ってくれること”への感謝が無くなってしまいます。
こういう状態になると、相手がしてくれることを見逃すことが多くなります。特に相手の良いところだけ見えなくなります。
昔は優しくて子供第一の人は、今でもあなたの前にいるのです。
ただ、窒息寸前のご主人はその余裕を持てないだけで、環境や条件が変われば、また再び現れる可能性も充分にあるのです。

聞く、ではなく「聴く」という姿勢を持つことが必要です。
一度に多くを話しかけず、相手の言葉を根気強く待ってください。

ご主人には、いまのあなたしかいないのです。
あなたが拾い上げれば、彼は輝きます。
そして、一生あなたに尽くすでしょう。

ご主人と話ができるようになれば、あなたにもやれることが分りますし、何よりも不安が減るでしょう^^)
ご主人と話をする方法をお伝えします。ご相談ください。応援していますよ!!
(リコナビより転記、加筆修正)

「とても前向きな気持ちになりました!」

多くのお客様からカウンセリング後に「前向きな気持ちになりました!」とおっしゃって頂いています。前向きな心が自信を生み出し、行動する力となるのです!

夫婦仲が悪くなるのは本当に辛い。でも眉間にシワ寄せていても夫婦仲が良くなることは決してありません。苦しいときだからこそ前向きに頑張ることが、夫婦再生の鍵です。

こんな濃い顔のオッサンですが、全力で応援します^^)

shushimokicur夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
夫が何を考えているのか分からないあなたへ『夫のホンネがわかる動画』も絶賛公開中です。

↓夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
bnr_contact