【夫婦相談】精神疾患の夫が専業主夫になったが家事をしないので平手打ちをしたらDVとなり子供は施設へ

【相談】31才女性

はじめまして。
宜しくお願いします。

事の始まりは、夫の浮気です。
精神疾患もあり、働けなかったので私が働きに出て、主人は専業主夫をしていましたが、ある日から家事を一切やらなくなり、ケータイゲームや女に夢中になりました。
毎日です。
やってるやってると主張しますが、誰がどう見ても家事は出来ていませんでした。
毎日だったので、いい加減頭にきて、頬を平手打ちしました。
そしたらDVだと警察に通報され、私が虐待をするからと
子供も施設に居ます。
面会は一切出来ていません。
夫は別居してから、浮気三昧(少なくとも5人は関係を持っているみたいです。)ツイッターに主人自信が自分の陰部画像と愛娘の画像を同時に載せています。
精神的ショックが大きくて、体調も崩し、仕事にもいけなくなりました。
ジョウキを逸脱した主人と離婚すべきか、子供の為に戻るべきか悩んでいます。

【夫の気持ちが分かる!男性カウンセラー 下木修一郎の回答】

はじめまして。こちらこそよろしくお願いします。
夫婦だから、『どちらかが病んでいるときは補える方が補う。』と言うお気持ちでご主人が病んでおられる時に、最大限頑張られたのだと思います。社会が女性の社会進出を認め始めたとは言え、女性が稼ぎ頭になることは大変なことだったと思います。心細いなか、本当に大変だったでしょう。よく頑張られましたね。

ご主人が家事を一切やらなくなったのは、精神疾患により仕事ができなくなり、仕方なく主夫という立場を受け入れた。しかし、あなたが頑張れば頑張るほど、あなたと比較して自分が役立たずのように思えてきた。永遠に続くかもしれない主夫という働き方を受け入れきれず、ストライキを起こしてしまった結果ですね。ご主人はきっと怖かったのでしょう。

それを目の当たりにしたあなたは、自分がこれだけ頑張っているのに!という思いから、ついカッとなってしまった。暴力はオススメできませんが、平手打ちをしてしまった気持ちは痛いほど分かります。

警察への通報も、ツイッターへの行動も、ご主人の自信喪失と「もうどうでもいい!」という自暴自棄的な行動ですね。ご主人の行動は確かにまともではありません。ただ、精神疾患により自信を喪失し、追い込まれての行動であるため、このことだけでご主人を判断しなくないといのが私の見解です。今までのお二人の状況も、もう少し深く知りたいところです。

さて、頂いた情報から、夫婦としてやり直すべきかどうかですが、、、

まず、子どもさんのためにご主人とよりを戻すことは勧めません。母親が笑顔でいられない家庭の子どもは、安心してのびのびと育つことが難しいのです。それに、子どものために戻っても夫婦仲は何も変わらないため、また同じことが起こるだけです。

戻るとなれば、精神疾患を抱えるご主人と、子育てと、仕事。すべての事を抱えるのはとんでもなく大変になります。周りに協力者も必要でしょう。精神的にも苦しくなる。体調を崩されたあなたに、そのような辛い思いを強いるのは心苦しいというのがホンネです。

だから今は無理しなくていいと思うのです^^)

考えなくってもいいのです。甘えられるものには頼ればいいのです。あなたはとても頑張ってきた。今は子どもことだけで精一杯考えればいいのです。先ずはあなた自身が体調を取り戻すことが一番!心身共に元気でないと正し判断も鈍ってしまいますからね。

それでも、あなたにとってご主人が必要な人かどうかが気になって仕方がないとお考えになるのならば一度ご相談ください。ご主人のホンネ、そしてあなたにとってご主人が必要な人かどうかを知る方法をお伝えします。

あなたが幸せって感じられるようにお手伝いさせて頂きます。
頑張りましょう!!
(リコナビより転記、加筆修正)

「とても前向きな気持ちになりました!」

多くのお客様からカウンセリング後に「前向きな気持ちになりました!」とおっしゃって頂いています。前向きな心が自信を生み出し、行動する力となるのです!

夫婦仲が悪くなるのは本当に辛い。でも眉間にシワ寄せていても夫婦仲が良くなることは決してありません。苦しいときだからこそ前向きに頑張ることが、夫婦再生の鍵です。

こんな濃い顔のオッサンですが、全力で応援します^^)

shushimokicur夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
夫が何を考えているのか分からないあなたへ『夫のホンネがわかる動画』も絶賛公開中です。

↓夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
bnr_contact