「言葉ではなく行動を見よ!」・・・その発想は夫婦にとって危険です

 

夫婦再生カウンセラー下木修一郎です。

みなさんは、行動と言葉、どちらを大事に思いますか?

「言葉 行動」

で検索すると、上位にあがってくるサイトの言葉は

 

「言葉ではなく〝行動〟を聞け!|スピリチュアルカウンセラー・・・」

「言葉ではなく“行動”をみよ!あなたを本当に大切にしてくれる男性の特徴・・・」

「人の本性は「言葉」ではなく「行動」に表れる。 | 整理整頓で心まで豊かに・・・」

 

このように、相手の言葉ではなく、行動を見よ!的なタイトルが並びます。

確かに、言葉だったらなんとでも言えますからね。

だから、行動を見ればいいのです❗

 

と言いたい気持ちは分かります。

でも、

言葉だって、、、

「伝える」という立派な行動なのです。

 

夫婦にとって、言葉は行動と同じくらい価値がある

特に夫婦においては、

ありがとうや、おつかれさまなどのねぎらいや感謝の言葉

可愛いね、キレイだね、似合ってるね、カッコイイね、など相手を嬉しくさせる言葉

嬉しい、楽しい、大好き、愛している、などの愛情を表現する言葉

それらは、

行動と同じくらい

重要な価値を持ちます。

 

行動を常に見ていられないのが夫婦

もちろん、行動で示すことも大事ですよね。

愛情を持って、ごはんを作ったり、仕事をしたり。

 

でも、相手はあなたの全てを観察できているわけではありません。

相手だって忙しいから、あなたの全部を見ることはできません。

それに、どれが愛情で、どれが自分のためかなんて分かりません。

 

仕事を頑張ってるのは、全部家族のためですか?いえいえ、意外と自分が楽しいからだったりしますよね。

掃除を頑張ってるのは、夫のため!と言いながら、家の中が汚いのが嫌なのは自分だったりする。

 

どの行動が誰のためかなんて、わかりにくい。

でも言葉なら、あなたに向けられたものだと分かりますね。
 

言葉には、やっぱりパワーがある!!

仲が良いご夫婦は、やっぱり言葉が多い印象があります。

 

ちなみに、うちの皿洗いの大嫌いな奥さまに聞いてみました。

Q.「大好き」と「皿洗い」どっちが無くなったらいや?

A.「・・・・・・・・・・・・・大好き」

相当考えた末に、言葉の方を選びました(笑)

 

もちろんいろいろな奥さまもいます。

いろいろなケースもあるでしょう。

でも、言葉のパワーは馬鹿にできません。

あなたの「たったひとこと」で関係が変わることだって、あるのですから。

 

頑張っても頑張ってもしんどい、、、という方は、頑張ることをすこし止めて、言葉を使ってみてはいかがでしょうか^^)

 

何を伝えればいいのかな・・・

なんと伝えれば相手は喜ぶのか、よくわからない。そんな人はお気軽にご相談ください。お話すれば、ヒントたくさん見つかります!

直接話すのは時間的にも難しい。。。という方は『夫のホンネがわかる動画』でご主人にかける言葉がたくさん見つけられるでしょう!

 

言葉がうまく使えれば、結婚生活は確実に楽になります!!

shushimokicur
執筆:下木修一郎(しもきしゅういちろう)
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家