男性がジェット戦闘機パイロット並のストレスを感じる出来事とは!

おはようございます!

いつもメルマガを読んでいただきありがとうございます。

帰ってまいりました、夫婦再生カウンセラー下木修一郎です^^)

 

あ、初めてメールをご覧になられる方もいらっしゃいますね。

昨日まで、遅めの夏休みを頂き、家族でベトナムに行っておりました。

みなさんからの行ってらっしゃいの言葉を頂き、とっても嬉しかったです!

ありがとうございました!

 

んで、実は・・・

私、1日だけ寝込んでおりました(笑)

 

おそらく疲れからだと思うのですが、

何が疲れるって…

子どもたちの買い物!!!

(ムギャーー!!)

 

物価が安いからと、目の色がギラッギラな娘たち。

ああ・・・何時間付き合ったことか。

 

男性は、女性の買い物に付き合うのはものすごいストレスである、と聞いたことありますか?

英エセックス大学の研究の研究によると

『男性の我慢の限界は72分。それを超えると、買い物を続けたい女性と、いい加減切り上げたいと根を上げる男性との間でケンカが勃発する可能性が高くなるという。 』

『その身体的なストレスは戦闘機のパイロット並み』

普段の買い物であれば、俺別のところ言ってるからね〜と、なんとかごまかしながらやってるのですが、

海外では命の危険だってありますからね、ともに行動するしかありません。

その結果、私が死ぬところでした(笑)

 

私の苦労を子どもたちに伝えようと、この話をします。

 

私「ジェット戦闘機のパイロット並のストレスなんだよ!?」

子ども「ふーんそうなんだ、乗ったこと無いもん」

ヌギャーーー!!!

全く伝わん!!!!!

ジェット戦闘機以外に、もっと良い例えは無かったんですかい英科学者さん>_<)

 

男性だって、興味のある買い物は楽しいわけですよ。

車のパーツ屋やAV機器のお店だったら長い時間滞在することだってできるわけです。

でもせいぜい1〜2時間が限度ですけれど^^;)

 

男性と女性の違いを知っていれば、無用ないざこざを避けることもできますし、相手のことを少しだけ理解できるようになります。

でも、理解できたとしても、行動できるかどうかはまた別です。

相手から愛を感じていないと、分かっていても、気遣うことすらきませんね。

 

旅行先では、奥さんは終始、私の理解者の雰囲気を出してくれています。

奥さまには本当に感謝感謝です。

 

だったらそんなところに行かなきゃいいんじゃない?という話ですが、やっぱり子どもたちを喜ばせたいわけなのです。そのために働いているようなものですし。

喜ばせたいけれど、喜ばせれば喜ばせるほど、大変になっていくという…なんという健気な生き物なんでしょう男は!と思い込んで、まいにち頑張っています(笑)

書けば書くほど、滑稽な生き物ですね、男って(笑)

 

というわけで、ほんのちょっとで良いので、旦那さんのことを想像してあげて、本当にひとことだけで良いので、

「今日も一日おつかれさまでした」

ってねぎらってあげられたら、旦那さんも心の中でとっても大喜び、ですよ^^)

それでは、今日もいちにち、元気にがんばりましょう〜^^)

==============

・あなたが変わる!夫のホンネを知る動画
https://03auto.biz/clk/archives/oyhsvp.html

 

==大切なお知らせ=====

「不倫夫の心が変わる!男性心理を理解して夫婦円満になる5つのコツ」

7年、旦那さんの不倫で苦しんだ経験を活かし、不倫専門のカウンセラーになられた河村陽子先生とのコラボレーションセミナー。

不倫で苦しんでいる、過去の不倫の苦しさから逃れられない方、必見です!

日時:9月13日10時~15時(東京開催)

みなさんにお会いできること、とっても楽しみにしております!

https://03auto.biz/clk/archives/eisgim.html

 

==============

・勇気を届け一緒に考える夫婦再生カウンセリング
https://03auto.biz/clk/archives/iweqpp.html

・結婚のこと語り合うとめちゃ面白いと大評判の名古屋のイベント
https://03auto.biz/clk/archives/rxsesc.html

 

==============

[[name1]]さんからのメルマガの感想、質問もお待ちしております!

このメルマガでお答え致します^^)

ご感想や質問は、このメルマガに返信
もしくsmallhappiness@fufuzukan.comまで。

お待ちしております!

==============

過去のメルマガはこちらからお読み頂けます。
http://fufuzukan.com/category/mailmag

コメントを残す