奥さんの最高の笑顔を作るのは夫の役目でしょ

妻のニーズを把握しようとしない夫

 

「妻を幸せにします!」

そんな風にプロポースしたはいいけど、どうやって幸せにすればいいか分からない男性って絶対に多い。

相手のニーズを知らなければ商売できないこと、ビジネスマンの男性ならわかってくるくせに、妻のニーズは把握しようともしない。

自分がジョブズかのごとく振る舞う。

自分の得意なことばかりを突き詰めていく。

それはまるで、

「うちの商品、性能は最高なんですよ!買ってもらえば分かります!」

って商売と同じ。

70〜80年代なら通用したかもしれない。

マイホーム買って、子供を大学に入れて。お金があれば幸せが手に入る時代。

でも、もうそんな時代じゃない。

家族を支えるために仕事に没頭するのは、妻を幸せにすることにはならないのです。

(奥さまが「仕事をしているあなたが好き♥」っていうのならもちろんOKですけれど(笑))

 

妻から笑顔という報酬を得たいのであれば、ニーズを満たす必要がある

 

「消費者が何を欲しいかなんて、それを見せるまで分からない」

消費者のニーズを調べることに対して否定的だったジョブズは、消費者を驚かせ、新しい世界を作りたかったのでしょう。

妻のために新しい世界を作る!と妻のことを年がら年中考えて提案したい!というのであればいいのですが、、、

そんなこと、しないでしょう?

であれば、妻のニーズを満たすしかない。

でも、それって結構大変。

だって要求高いもん!!!

洗濯物のたたみ方とか、掃除の仕方とか、子どもの接し方とか、妻に合わせるのは大変です。

 

でも、大丈夫。妻が喜ぶ、あなたにだってできることがある。

 

「今日はどうだった?」とあなたから先に聞く

 

妻が嬉しいこと、それは、夫が関心を持ってくれているという実感です。

そして、会話することが大好き♥

関心×夫婦の会話

この2つをかけ合わせた言葉が

「今日はどうだった?」

となるわけです。

奥さまにあなたから先に話かけるのです。

すると、ぶぅわぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜っと喋りだすでしょう。

おめでとうございます!!!

あなたは妻のニーズを満たし始めています!!!

 

妻の話を聞くという大変な行為の向こう側に、妻の笑顔がある

 

か、か、か、勘弁してください、妻のオチの無い話なんて大変ですよ、聞きたくないですよ。。。。

・・・・分かります。大変です。

私も大変でした。

 

でも、妻からの笑顔という報酬が欲しいのであれば、実行するしかないのです。

不思議なことに、こちらから先に聞くということを繰り返していくと、どんどん妻のニーズは満たされ、次第に落ち着いてくるのです。

最初はパンパンに水の張ったダムも、ぶぅわぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜っと放水すれば、ある程度のところで安定してくるのです。

そこまでいけるかどうか。コレが鍵です。

 

奥さんは、あなたに聞いてもらいたいんです。

あなたが聞いてくれるから、奥さんはメチャメチャ嬉しいんです。

奥さまは、あなたとしゃべりたいのです。

 

完璧に聞く必要はない。

とにかく、聞く姿勢。

だから、こちらから先に聞くのです。

(聞き方が分からなければご相談ください)

 

妻を幸せにできるのは、あなたしかいない。

あなたの力で妻を笑顔にできれば、あなたの人生はもっと豊かになる。

妻は、あなたの言葉を待っているのです!

がんばれ〜〜〜!!!!

 

妻との会話する努力は、最高の報酬を与えてくれる。うちの奥さんの笑顔サイコーでしょ♥

shushimokicur
執筆:下木修一郎(しもきしゅういちろう)
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
涙があふれる!夫のことがもっと好きになれる『夫のホンネがわかる動画』も絶賛公開中です。