離婚して後悔するのは男性!?

夫婦再生カウンセラー下木修一郎です。

「本当に離婚して後悔しないの?」

離婚を考える人も、離婚したいと言われれしまった人も、一度は考えることではないでしょうか。

当夫婦図鑑で男性の相談を専門に受けている夫婦カウンセラーの吉川知里カウンセラーから、自身の体験談として離婚後のご主人との興味深い話をお聞きしたのでご紹介させて頂きます。

離婚を経験した男性は後悔するか、それとも後悔しないのか。

貴重な体験談を是非ご覧ください!

 

男性が離婚したことを後悔するとき

離婚という経験で彼が気づいたこと

男性専門の夫婦カウンセリングを行っています、吉川知里です。

私の元夫は、決して自分を変えようとしない人でした。
私はたくさんの言葉で否定されてきました。
たとえ離婚したとしても、元夫の性格は一生変わらないだろう、って思っていました。

ところが、その考えを吹き飛ばす『驚くべき出来事』が起こったのです。

motootto

離婚してから、長女が嫁ぎ、次女と2人暮らしになった元夫。

2人暮らしにしては余裕の空間ができ、快適に生活できるはずなのに、殺伐としている元我家。

娘のコスメやテレビなどの日常会話や笑い声。観葉植物に水をやりながらいつも家族に話しかけていたおしゃべりな私も存在せず、観葉植物は枯れはて庭に出され、人の声が飛び交うことが無くなったからかでしょうか。

ある日曜日、元夫と同居している次女が旅行に出かけて家にひとりぼっちの元夫から、ラインに「スタバでモーニングしませんか?」とのお誘いがありました。

ちょうどお腹が空いていたので一緒に食べることにしました。
(私はエビがふんだんに入ったバケットとコーヒーに目がないのです(*^_^*))

娘たちの会話から始まり、仕事の話、たわいもない話をしていると、元夫が突然こんな事を言いだしたのです。

元夫「今まで人の悪いところを探して、見下げ、自分を優位に保とうしてきた。」

吉川「うん。(そのとおりね)」

元夫「けど、これからは人が頑張って取り組んでいること。優しいく思いやりの気持ちでいてくれること。を探してみようと思うんだ。その方が楽に生きられそうな気がするんだよね」

え?えっ??

そして、最後にポツリ

元夫「その方が楽に生きられそうな気がするんだよね」

えーーーっ!!?
この人がそんな事言うなんて!!!

正直、とても驚きました。

 

「後悔している」とは言わないけれど

彼の言葉に、私は温かい気持ちになりました。

でも同時に・・・何か寂しさを感じたのも事実です。

離婚をして、人の気配がなく、寂しい家にひとりぼっちになったとき、元夫はやっと素直になれたのかもしれません。それを、私に聞いて欲しかったのでしょう。

 

彼は、必死に何かと戦ってきました。

私の知らない何かと、彼は50年ずっと戦ってきたのです。

a0027_000300

そして最後に残ったのは、がらーんとした家にひとりぼっちという現実。

「経験して、初めて知る」って、こういうことなのですね。

もっと早くに気づけば、離婚しても周りから人がいなくなることも無かったでしょう。

 

離婚して後悔しないためにも、感情的にではなく、客観的な視点で考えなければと感じました。

私たちのように離婚してからお互いの重要性に気付いても失ったものは取り戻せません。

後悔という経験なんて、しなくてもいいのです。

もし少しでも「このまま離婚してもいいのか?後悔しないのか?」と不安を感じているのならば、男性専門にお話させていただいている吉川知里があなたの気持ちをしっかりお聞きします!

もし離婚するにしても、後悔のない離婚をして欲しいと願っています。

日本全国お電話でもお話できます。話すことは勇気ある行為です。

あなたの人生を大切にしたいです。お待ちしております。

 

離婚して後悔するのは男女どちら?

後悔する割合は男と女で大きく違う

男性の気持ちを知る!夫婦カウンセラーの下木修一郎です。

男性と女性、離婚後に後悔する割合に差はあるのでしょうか。

離婚歴のある30代の男女で「離婚して後悔している」と思っているのは、男性が圧倒的に多く、約3人に1人は後悔しているという調査結果がありました。

a0002_010280

「離婚して後悔している」
男性 28.1%
女性 5.5%
(HUMAグループ調べ

 女性は離婚したあとのことをしっかり考えなければ離婚できませんが、男性は経済的な自立もあり衝動的に離婚を選んでしまう人が多いのでしょう。

その結果、なぜ自分は離婚を選択してしまったのだろう。まだ何かできることがあったのではないか・・・と後悔することになるようです。

 

離婚して後悔する男性の特徴とは

私は、離婚を後悔している何人もの男性と出会いました。

その男性たちは、まさか自分が離婚して後悔するなんて思ってもいなかったそうです。

まだ離婚する前に、私が「離婚しても大丈夫?後悔しない?」と何度声をかけても「後悔はしない」と断言していたくらいです。

離婚したい欲求がある時点では、

後悔する可能性に気付く男性はゼロ。

なのです。

 

離婚して後悔した男性には、ひとつ特徴があります。

「結婚のせいで自分は不幸だ、離婚で自分は幸せになれるんだ!」

と思い込んでいたことです。

 

離婚をすると一時的に気持ちが楽になります。妻や子供から開放され、自分はこれから何でもできるんだ!という無限の可能性を感じるのでしょう。

しかし、妻や子供という呪縛から開放されたくて離婚したいという気持ちは現実逃避と似ています。

自分から積極的に行動を起こすという前向きな決断ではありません。

 

結婚すれば自動的に幸せになれる、わけではなかった。

そして、

離婚すれば自動的に幸せになれる、わけでもなかった。

ことに気づくわけです。

 

「離婚なんてしなければよかったのかもしれない。正直、後悔している。」

離婚で自分が支えていた妻や家庭という存在を失い、自ら生きる意味を見失って後悔するという男性は少なくないのです。

 

離婚して後悔する、後悔しないの分かれ道とは

離婚して後悔しない男性たち

離婚しても旦那が後悔しているのであれば、復縁という可能性もあるでしょう。

ですが、旦那が離婚を全く後悔していないとすれば、その可能性も限りなくゼロに近づいていきます。

「離婚して良かった!全然後悔はありません!」

そう言い切るのは、離婚問題で妻と激しく争う体験をした男性たち。

芸能界で言えば、船越英一郎さんもそのひとりでしょうね。

松居一代さんの不可解な行動により争いが激化。離婚への後悔は急激に減少していったでしょう。

不倫があったのか無かったのか。実際のことは分かりませんが、松井一代さんは裏切られたという苦しみを夫である船越英一郎さんに分かってほしかったのでしょう。

しかし、その方法が分からなかった。

夫の気持ちや周りのことを考える余裕もなく、ただひたすら暴走し続ける思考。一方的な行動が止まらなくなってしまった結果、松井一代さんすら望んでいなかった超泥沼騒動へとなっていった。

松居一代さんの取った行動は多くの人にとって不可解なものでした。ワイドショーでも皆がそれを見て蔑むようなリアクションを取っていました。

でも、私にはその不可解な行動を非難することや、あざ笑うことはとてもできませんでした。

不倫や離婚問題が起きた時、冷静でいられる人間なんていません。パニックになり、普段の自分ではない自分になってしまうから。

夫婦問題を常に間近で見ているからこそ、誰しも松居一代さんのように周りが見えなくなり自分が何をしているかわからない!という行動を取ってしまう危険性を強く感じています。

離婚問題が起きたときの夫に対しての行動が、夫婦の方向性を決めてしまうこともあるのです。

 

「離婚すると後悔するよ」と伝えても旦那の気持ちは変わらない

ご主人から離婚を切り出されている状況でこのサイトをご覧になられている方へ。

もしかしたら、「このまま離婚したら後悔するかもしれないよ?」と旦那に気付かせれば気持ちが変わるかも、、、と期待していたかもしれません。

残念ながら旦那はこの時点でどんなことをされても気付くことはできません。「離婚しても後悔しないの?」なんて尋ねても、「オマエ何言ってるの?」と一蹴されるだけです。

結婚という呪縛から逃げだしたい気持ちでいっぱいの旦那。そんな旦那の気持ちを変えようとして言うあなたの言葉は決して届くことはありません。

旦那に離婚をやめさせるためには?といくら考えても、決して旦那の気持ちを変えることはできないのです。

「後悔するかもよ」などという言葉は、逆に旦那の気持ちを逆なでし、意固地にさせてしまいます。

相手の気持ちを変えようとするのは、夫婦仲のさらなる悪化をもたらします。

 

離婚しても子供のことで後悔はしないのか?

「離婚なんかしたら、大切な子供たちに寂しい思いをさせるんだよ、後悔は無いの!?」

男性にとって子供はもちろん大切な存在です。

しかし、離婚したいと思っているとき、子供への気持ちはものすごく小さなものになってしまいます。

女性からみると、まるで子供に愛情が無いのではないか?と感じるほどです。

旦那が子供に愛情を持っているか、持っていないかに関しては、いままでの結婚生活を振り返れば分かるでしょう。

今まで子煩悩パパだったのに、離婚を切り出した場合、子供が大好きにも関わらず、妻との関係が修復できずに、どうしても我慢できず離婚するという選択をしている場合が多いのです。

苦しんでいるにも関わらず、離婚を要求する夫に「子供のことが大事じゃないの!?」という言葉を言ってしまったら・・・。

自分がこれまで子供のために頑張ってきたことを全然分かっていないんだと妻に絶望し、妻と結婚したことを後悔するかもしれません。

子供のことを材料に後悔を揺さぶるような離婚回避の方法もまた、夫婦仲を悪化させる原因なのです。

 

浮気からの離婚は、後悔はしないのか?

もし旦那が浮気をしていて、離婚を要求してきたとしたら。

旦那は相手の女にだまされているわけだから、離婚したら絶対に後悔するに違いない!!そのように考える方もいるでしょう。

「あなたは騙されているのよ!目を覚まして!!」

確かに、だまされて離婚をしてしまったら、いずれ後悔することもあるかもしれません。

気の弱い、やさしい旦那であれば、不倫相手のゴリ押しに断りきれずにそうなることもあるでしょう。

だからといって、離婚したあと後悔して、不倫女と別れ、あなたのところに戻ってくるのでしょうか。

 

それを知るためには、なぜ旦那が妻を裏切り、不倫をしたのかを知る必要があります。

 

単に魔が差したのであれば、離婚まで要求することはほとんどありません。しかし、不倫からの離婚要求であれば、妻との間に何らかの問題が生じているのは間違いないのです。

不倫をした夫を責めるだけでも、やはり問題の解決にはつながらないのです。

 

離婚をしたがる旦那にできること

離婚と言われ、どうしていいのか分からない

もしあなたが今、旦那から離婚してくれと言われていたら。

本当につらい状況にあると思います。

何もしていなくても涙がでてくる。

仕事をしていても、離婚のことばかり考えて苦しくて仕方がない。

思わず子どもにも当ってしまう。

自分に自信がどんどんなくなっていく。

何をしても、無駄なんじゃないかと無力感にさいなまれている。

何かをしなければいけないと思いつつ、実際には「旦那が離婚を考え直してくれないだろうか」と、ただ祈るばかり。

ですが、いくら離婚回避を願っても事態は変わりません。

それどころか、放置すればするほど旦那の心は離れていくのです。

 

後悔しない選択をしよう!!

何度も言いますが、離婚問題は「あなた」と旦那の問題です。

当事者である「あなた」が動かなければ、事態は変わりません。

話し合いをいくらやっても決して二人の溝は埋まらないし、旦那の言うとおりに行動しても、あなたが苦しくなっていくばかりです。

 

でも、大丈夫!

あなたには、まだやれることがあります。

まず、なぜこんなことになってしまったのかをしっかりと理解すること。

そのために、旦那さんの本音を知ることから始めましょう。

旦那さんの本音を知らなければ、旦那さんの苦しい気持ちを受け止められませんね。気持ちを受け止められない人と結婚生活を続けていくことは難しいのです。

楽しいとき、辛いとき、ともに結婚生活をおくってきた旦那さんの本音を知ることは、あなたにしかできないことなのです。

自分の心にも、相手の心にも後悔させない選択をしましょう!

 

何となく、ではなく実績ある方法で夫の本音を知る

夫婦再生の専門家でもある下木修一郎が、2,000人のカウンセリングを経て経験してきたノウハウを『夫のホンネがわかる動画』というコンテンツにまとめました。

有料ならではの圧倒的な3時間のボリュームで、あなたが今できることをお伝えしています。

↓↓↓

 

また、直接お話できる夫婦カウンセリングもやっています。

ひとりではとても耐えきれない大変な状況ならば、是非あなたの状況を聞かせてください。

自分に後悔しないためにも、ひとりで悩まず、勇気を出して一歩進む。

苦しいときこそ、一緒に考えましょう!


夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)

NPO法人日本結婚教育協会 愛知支部員
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家