【しくじり先生】高橋ジョージさんが語る離婚後の教訓

いつも夫婦図鑑をご覧いただきありがとうございます!
夫婦再生カウンセラー下木修一郎です。

『しくじり先生』というテレビ番組での高橋ジョージさんの言葉は、経験からくる重みを感じるものでした。

高橋ジョージさんのようなしくじりをしないためにも、是非みなさんに知って頂きたいと思い記事にしました。

高橋ジョージ先生出典:news.livedoor.com/

アラフィフ男性に、是非読んでいただきたい内容です。

高橋ジョージさん(以下先生)、ありがとうございます!

 

奥さんからの離婚のサインを見逃した

「奥さんから『離婚したいと思った』と言われたにも関わらず、ジョークだろうと勝手に思い込んでしまったのです。奥さんからのサインを見逃してしまいました。」

そして先生は語ります。

「そして、奥さんにそう思わせてしまった原因について深く考えなかった。だから反省もしなかった。」

その1年4ヶ月後のクリスマスに、奥さんは子どもを連れて家を出ていってしまったそうです。。。

「離婚のサインが出たときにはすでに遅い」

しくじり先生の教壇で、先生が力を込めて伝えてくれました。

下木修一郎
家を出るのは、なんの前触れもありません。本当に突然。女性は考えて考えて考えた挙句決断をするからです!

 

離婚を考える女性は4割!

ネットリサーチの株式会社マーシュが調査したところ、実際に離婚を考えたことがある既婚者は約45%にものぼるとの結果が出ているのです。

離婚を考えたことがありますか?離婚を考えたことがあるかどうかのグラフ

下木修一郎
約半数が離婚を考えたことがあるそうです。3組に1組が離婚することを考えれば、当然の結果なのかもしれません。

 

男性に一番伝えたい思い

先生が離婚をして痛切に感じたこと、それは・・・

「子供に会えない寂しさは想像を絶する」

「『何でもないようなことが幸せだったと思う』という自分自身の歌の意味がやっと分かった。家族との日常のささいなこと、何でもない「ような」ことの、この3文字が幸せの肝だ。」

ささいな幸せこそが、本当のしあわせ。

そこに気づけるかどうか。幸せの分岐点のようです。

 

離婚から学んだ教訓

「男はもっと奥さんのことを知る努力をしよう」

先生は語ります。

 

「女性は努力をしている姿勢は見捨てない。
一生懸命走っている姿を女性は褒めたたえてくれる。
でも、走ろうとしない男性に腹が立つのです。」

 

もっと早くに気付くことができれば、だれも傷つかずに済んだ。

そんな気持ちが、今回のしくじり先生へのご出演となったのでしょう。

離婚して後悔するのは男性!?で当社カウンセラーの吉川も語っていますが、離婚後のことを想定せず離婚してしまうのは男性の方が多いようです。

下木修一郎
ダメもとでもいい。バカにされてもいい。奥さんのために努力する。逃げたって、何も変わらない。正しい努力をすれば、少なくとも後悔することはありませんから。

決して後悔しないように、やれることはやってほしいと改めて感じました。

高橋ジョージ先生の勇気に感謝です。ありがとうございました!

 

執筆 夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家

↓夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
bnr_contact