イライラしているくせに不満を言わない夫って何?

夫がイライラしているくせに不満を言ってくれない心の奥には何がある?

 

お客様であるMさんからある相談をお受けしました。

このご相談、ご覧のみなさんのヒントになるかもしれないので、許可を得て内容を公開させていただきました。

Mさんありがとうございます!

夫が思っていることを言わない、と困っている奥様必見です!

それではご覧ください!


こんにちは。

夫のホンネを知る動画を見せて頂いてから、おかげさまで喧嘩をせず仲良く過ごしてきたのですが、昨日久しぶりに大喧嘩しました。

喧嘩の内容は、旦那が皿洗いをするたびにイライラしていること。

洗ってくれるのはめちゃ助かるんですけれど、、、

夫に、イライラするなら置いといて。

と伝えたところ、、、

夫「ずっと置いとくとは嫌だ」

私「じゃ何にイライラしとるの?」

夫「皿にゴミを乗せたままシンクに入れるのが許せない」

私「じゃあその場ですぐ言ってくれればいいやん」

夫「どうせ嫌な顔されるのから言いたくない」

といった具合です…笑

旦那はこの先もずっと今ままで通り、ひっかかることがあっても口にはしないそうです。そのかわり、イライラして当たると言われました。

旦那の言葉の奥にはどういった、思いがあるのでしょうか? 


Mさんありがとうございます!

夫のホンネを知る動画をご覧になられて仲良くなられてきたとのこと、嬉しいです!

さて、なぜご主人がイライラしながら皿洗いをするのか。そして、なぜひっかかっても口にしないか、ですね。

男性の視点、そして男女の違いという観点からガッツリ解説しますね。

夫が不満を言ってくれなくて困っている人、これを見れば理解できると思います。お楽しみに!

喧嘩になってしまった要因

まずはじめに。

なぜ今まで仲良くやっていたのに、今回なぜ喧嘩になってしまったのでしょうか。

大きくは2つの要因が考えられます。

ひとつは

自分の気持ちを素直に伝えることができない夫

もうひとつは

夫の本音を受け入れられなかった妻

この2つが絡んで、喧嘩になってしまったのだと思われます。

それぞれを解説していきますね。

ではまず、1つ目の

自分の気持ちを素直に伝えることができない夫、の話をしましょう。

自分の気持ちを素直に伝えることができない夫

夫(男)は、妻(女性)に気持ち、特に不満を言うことを避けます。

その理由はいくつかありますが、Mさんの夫はその理由を会話のなかで伝えています。

それは

「どうせ嫌な顔されるのから言いたくない」

↑これです。

女性が言われてハァ?と思うやつです(笑)

これ、嫌味じゃなくて、本心なんです。

男は、不機嫌な女性の機嫌をとるのがとにかく苦手です。猛烈にしんどいです。

女性が不機嫌になってしまったら…もうどうしたらいいかわからなくなってしまうのです。

泣く女性に対して、「泣くなよ…」という謎の声がけをしてしまいます。

(女性が泣くのも同じ理由から苦手です)

友人や恋人、妻との交際のなかで、不機嫌な女性の相手を何度かするうちに、これは難しい、避けなければ!という経験から、男性は女性を不機嫌にさせないような選択を無意識に取るようになっていきます。

仕事で言えば、不機嫌な上司に逆らわないようにするのと同じ。どれだけ面倒でも、納得できなくても、逆らわない。それと似たようなものです。

何度もいいますが、不機嫌な女性ほど手に負えないものはありません。世界一難しい課題…いや、解くことのできない永遠の課題。カウンセラーをやっている私ですらそう感じることがあるのですから、普段女性と接することがさほど多くない一般の男性の手に負えるようなしろものじゃありません。いやホントに(泣)

その結果、奥さんを不機嫌にさせないようにと、夫はいろいろなものを我慢するようになっていきます。

それに、もうひとつ恐れていることがあります。

それは、

妻を傷つけること。

妻に不満を言うと、もしかしたら妻が傷ついてしまうかもしれない。

という恐怖です。

(気持ちを言わなくて結果的に傷つけてることには気づけないのです。アホですね)

傷つけて、不機嫌になってしまったら、それこそ自分で壊して自分で修復するという難易度MAXな超絶困難修復作業を行う羽目になる。

実際にホンネを言ったら傷つけてしまった・・・なんて経験があれば、妻に不満を言うことは無理、もう避けるしかない!と思うようになってしまうのです。

ですが、ここで大きな大きな問題があります。

それは、いくら我慢しても

自分の抱える不満が消えるわけじゃない

ということ。

いくら我慢したところで、自分の苦しみは消えることはないですね。

こういう苦しみやストレスを他で紛らわせることが、男性って本当に下手です。

苦しみをしっかり抱えて、熟成、発酵させてしまいます。

チーズかっ!

この場合の夫の不満は

「皿にゴミをのせたままシンクに入れるのが許せない」

これです。

皿の上のゴミ。

(崖の上のポニョ。に似てるね)

この正体は一体何なのか。

ここに関しても、お話しておく必要があると思います。

小さな不満を言う男は「器の小さい男」という思い込み

Mさんのところは、夫が皿洗いをするご家庭のようです。

皿洗い、という形で、家族に貢献したい、という夫の意向が感じられます。

ただ、皿洗いも、そんなに楽しいわけじゃないと思うのです。

私も皿洗い当番ですから、よくわかります。

食事を食べ終わった後の片付けは、気持ち的にも大変なときがあります。(うちは食洗機なので随分楽ですけど!)

そんな中でも、食べ残しを処理することは、精神的にちょぴっとしんどい作業ではないでしょうか。(食べ残しを素手で掴んだりするし)

Mさんのご家庭は、Mさんが食べた食器をシンクに持っていってるのかなと。恐らく、子どもたちの食事を作り、食べさせ、そのままシンクに置く。

その後、ご主人が皿を洗うという流れなのかなと思います。

食事を摂り、さて、、、と、重い腰を上げてシンクに向かう。

すると、食べ残しが皿の上に乗っている。

それを見て、こう思う。

(食べ残し、捨てといてくれたら楽なのに・・・)

という、ほんの少しの不満が出る。

ほんとうに、ほんの少し。

ちょっぴり。

そこで、

「三角コーナーに入れといてよね」

と妻に言えればいいわけですが、妻だって小さな子どもで大変なことは分かっている。

そんな状態の妻に、本当にちょぴっとの、この不満を言う自分。

うーん、かっこ悪い。

だって、些細なことすぎる。

こんな不満を言う男なんて、小さい。ダサい。かっこ悪い。

妻だってがんばってくれているんだ。

俺が我慢すればいいんだ・・・

という

摩訶不思議な、

男のプライド

が発生するのです!!!

でも、不満は消えない。

皿を洗うたびに、感じるこのちょっぴりの不満。

皿洗い担当への気づかいの無さ。

それを必死に打ち消そうとする、妻への思い。

そして、自分のプライド。。。

でも、他のことがきっかけになったりして、思いが抑えられず、ついにイライラとなって溢れ出してしまうのです。

なんで俺の事考えてくれないんだよ、生ゴミ入れに入れてくれたら楽なことくらい分かるだろう!

夫にとって、皿の上のゴミ。の正体は、

皿を洗っている自分に対しての妻の愛のなさ

なのです。

(なんか切ない!!)

ま、でも、安心してください。

そんな微細な夫の気持ちが分かる女性なんて

この世にいませんからーーーー!!!!!

さりとてしかし。

そんな感じで勝手に追い詰められていくのが夫という生き物なのです。

今回、妻になんでイライラしているのか、と聞かれて、ついに本心をさらけ出したわけですが、この時点で、夫のプライドはちょっと崩壊しかかっています。

ちっちゃいことを気にしているということを告白してしまったからです。

ただ・・・

そんな崩れかかっている夫に対して、妻の返答は、夫をさらに追い詰めるものだったのです。

夫の本音を受け入れるのがちょっと難しかった妻の状態とは

「ゴミをのせたままシンクに入れるのが許せない」

とついに告白をした夫。

この言葉に対して、

「そうか、ゴミをのせたままなのが嫌だったんだね」

と夫の本音をそのまま受け止めていれば少しは夫の混乱も収まっていたかもしれません。

でも、そうは言えないですよね・・・

「じゃあその場ですぐ言ってくれればいいやん」

と、イライラの理由を言ってくれなかった夫へ不満を伝えてしまいました。

(言いたくなる気持ち、分かりますよ!!)

この言葉に夫は強く反応します。

「言わずに勝手にイライラしているアンタが悪い」

と言われているように聞こえてしまったのです!

(ハァ!?俺が悪いんですか?)

と勝手に傷つき、意固地になった夫。

妻が何を言っても否定するという頑固バリアーで自分の心を守りに入ります。

そして

「ひっかかることがあっても口にしない!そのかわりイライラして当たる!」

という、極めて子どもじみた言葉で、心を守るために、妻に抵抗したのです。

(超ダセえですけど、それが精一杯の自分を守る方法だった)

でも、その言葉を聞いた妻は絶望しますよね。

この人は私には心を開かないんだ・・・と、ダメージを受けてしまいます。

これは決してMさんだけの話じゃありません。

このように会話が噛み合わなくて喧嘩になるパターンの夫婦って、めっちゃくちゃ多いです。

夫を意固地にしてしまった一言。

「じゃあその場ですぐ言ってくれればいいやん」

Mさんは、なぜ夫の本音を聞いたにも関わらず、夫に不満返しをしてしまったのでしょう。

それが喧嘩になってしまった2つ目の理由になります。

夫のイライラで不安になってしまった妻

なんで夫がイライラしているのか分からない。

この時点で、妻の心はとても不安な状態になっています。

平穏な状態ではありません。

そりゃそうです。

誰だって、相手が何を考えているか分からないときは、不安です。

そんな夫から出てきた言葉に対して、とっさに思ったのは、きっと・・・

ゴミを皿にのせたままシンクに置かれるのが嫌なら、そういえばいいじゃん!

なんで、イライラするのよ。

なんで言ってくれないの?

わけが分からずイライラされる私の気持ちも考えてよ!

という強い不安の気持ちなのではないかと想像します。

Mさんは、夫との間に迷いを感じていた時期がありました。夫のホンネを知る動画をお買い求めいただいたのも、それを解決するため、ですものね。

その後、夫婦仲は改善され、お子さんにも恵まれたのですね。本当に良かった。

ですが、きっと、不安と傷つきの体験は心に残っていたのではないかと思うのです。

そんななか、夫が意味もわからずにイライラされたら、それはとてもしんどいですよね。

夫の態度に不安になり、その言葉にさらに不安になる。

それは、仕方のないことです。

でも、安心してください。

自分の不安というフィルターを外し、

起きている事実

だけを見れば、関係はすぐに変わりますから。

事実。

夫は不満を持ちながらも、皿洗いをしている。

皿洗いが大好きだから、皿を洗っているわけではありません。

(皿洗いが大好きなら、残飯残ってる程度で不満なんか起きませんぜ~)

妻が、そして、子どもたちが大切だから、自分が貢献したいから、家族の皿を洗っているのです。

ただ、その気持ちを妻に汲み取ってほしかったのです。

自分ががんばってみんなのために皿を洗っていることを知ってほしかった。気にかけてほしかった。それだけなのです。

でも、つまらんプライドと、性格のせいもあり、うまく伝えることができなかった。

きっとご主人は、少々不器用で、ちょいとばかり素直すぎて、気配りが苦手な男なんです。

(めちゃくちゃ悪口言ってますなごめんなさい!)

でも、Mさんに愛情があるのは、Mさんも知っていますよね。夫に愛情があること、Mさんも夫のホンネを知る動画をご覧になられて、感じていらっしゃいますものね。

だから頑張られたし、頑張ることができたのだと思います。

だから、ちょいと腹が立つこともあるかもしれませんが、

しょうがないなぁ~私が受け止めてやるよ!

と受け止められるならば、それが一番良い方法だと思います。


★ここが重要★

意固地モードで夫が言い放った


「ひっかかることがあっても口にしない!そのかわりイライラして当たる!」


に関しては、スルーしてもらって結構です。


自分を守るための言葉ですから、自分の身が安全だ(つまり愛されている)と思えれば、夫は言ったことすら忘れると思いますので。(やれやれだぜ)

まとめ

夫は、自分の気持ちを素直に伝えることが苦手。

妻は、不安を抱えていると、夫の本音を受け入れにくくなる。

それは、お互い「愛されたい」という思いから生まれている感情である、ということを意識しましょう。

もうひとつ。

「思ってるなら言ってくれればいいのに」は相手を責める言葉になってしまう。

まずは相手の気持ちを受け止めてから、思っていることを伝えましょう!

新しくご家族が生まれて、大変な時期だと、色々問題が起きやすくなりますね。そんななか、Mさんも本当にがんばっていらっしゃいます。

そういうときこそ、夫のホンネを知る動画の内観ワークを2~3日、ほんの数個書き出すだけでも良いのでやってみてはいかがでしょう。少し客観的な視点が戻ってきて、楽になれると思います!

応援しています!!

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

執筆 夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家

↓夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
bnr_contact