良かれと思ったのに、夫の気持ちをへし折ることになるなんて…

おはようございます^^)

夫婦再生カウンセラー下木修一郎です。

昨日献血したのですが、隣にいたネパールの21才の男性の血の出る速さといったら!あとから献血したのに、先に終わられるという…ちょっぴり切ない昼下がりでした。

そんな加齢の問題はさておき、今日は

「良かれと思って、夫をへし折ってる人が多い!」

というテーマ。

夫の言葉で、なかなか素直に聞けない言葉がありますよね。

その代表的なのが

「俺はすごい」

ってやつ。

「俺は会社では結構できる」
「同期よりも仕事が早い」
「出世頭だ」

とかいう自慢話。

あと、

「あいつは駄目なやつ」
「なぜあいつと俺が同じ給料なんだ」
「社長はわかってない」

いわゆる自分と他者との根拠のない比較。

こういう言葉を聞くと、この人大丈夫かな…と思ってしまいます。(分かります)

このままじゃだめだ。もっと成長してもらいたい、満足してほしくない、考え方を直したほうが良いと思って、つい素晴らしいアドバイスをしてしまう妻がいます。

「あまり偉そうにしない方がいいよ」
「その人にもいいところあるんじゃない?」
「世の中にはもっと凄い人もいるよ」

そう、これがへし折りワード!!!

良かれと思って、旦那さんの首をへし折ると、妻は俺のことを認めてくれないんだ!と思うようになります。

認めてほしい夫は、他で言ってもらうために、飲み屋とかキャバクラとかの有料サービスに頼ってしまうことも(T_T)

そもそも、なぜ男がそんな頭の悪いようなことを言うのかといえば、

実は、自分に満足していないのです。

もがいているのです。

本当の自分と、実際の自分にギャップを強く感じているのです。

それは実はしんどいのです。(精神的に)

精神的にしんどいのですから、ここはしっかりと、もう、嘘くさいくらいに

「ほんと凄いよね!」
「やっぱり才能あるんじゃない」
「できる男だね」

くらいヨイショしておいてください。

なぜ嘘くさいくらい言うか?心から思えてないと、嘘くさいくらいで「普通」の表現になるから(^u^)

ヨイショされると、調子に乗ります。そう、調子に乗せればいいのです。

自分のことを調子に乗せてくれるのは、妻だ!と刷り込ませるのです。

自分のことをわかってくれるのは、妻だと思うわけです。

歯がゆいやり取りかもしれませんが、誰だって、夫に指導されるよりも、たっぷり共感してもらいたいですよね。

男も一緒。共感してもらいたいのです。

だから、気合入れて調子にのせる!!

共感されれば、夫の心も落ち着き、会社での立場も良くなっていくのです。

 

ん?無理??それはもしかしたら、旦那さんへの思いが減っているかもしれません。

夫のホンネ動画でも言ってますが、本当の相手を知れば、思いは強くなります。

私と一緒にしあわせにむかって頑張ってみませんか?

 

はい、今日もメルマガをお読みいただきありがとうございました!それでは、またお会いしましょう!!

下木修一郎

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・夫を知る!気づく!夫のホンネを知る動画
https://abaql.biz/brd/archives/oyhsvp.html

・勇気を届け一緒に考える夫婦再生カウンセリング
https://abaql.biz/brd/archives/iweqpp.html

 

コメントを残す