Q.もう無理かなと思ってしまいます

Q.主人のヒドい言葉を聞くと、もう無理かなと思ってしまいます

「結婚したときから迷っていた」「女性として見れない」「彼女(浮気相手)の前では自分らしくいられる」というようなひどい言葉にくじけそうです。こんなことを言われても再生できるものでしょうか。

A.ひどいことを言うのはあなたを納得させたいから

あなたに諦めてもらいたいのです。
今の苦しい状態から逃れて楽になりたいのです。

とにかく、男は逃げたがります。
正面から夫を説得しようとしてもうまくいきません。

今のご主人にとってあなたが頑張ることは嬉しいことではありませんから、「いまさら遅い」「続くわけがない」「開放してくれ!」と挫けさせるような言葉を投げかけます。
傷つけたいわけではありませんが、中途半端な言葉では反論される恐れがあるため短めのヒドい言葉になってしまいます。
言い合いではあなたには敵いませんからね。

大変な状況ですが、あきらめれば100%再生できなくなることだけは確かです。
あなたはその冷たくて鋭く心をえぐる言葉にも辛抱する強い心を持たなければなりません。

そこまで言われてなお、ご主人を失いたくないという理由を見つけなければなりません。

子どものため、ではなく、自分のための理由です。
それがなければ、この苦難を乗り越えることはできません。

なぜご主人じゃなければいけないのか。それを知る必要があります。

なぜ「夫のホンネがわかる動画」の【第八章:夫の本当の姿を知る】でも詳しくご紹介しています。多くの方が夫への気持ちを明確にすることができています。おすすめです!

shushimokicur夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)

NPO法人日本結婚教育協会 愛知支部員
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
夫が何を考えているのか分からないあなたへ『夫のホンネがわかる動画』も絶賛公開中です。

↓夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
bnr_contact