「愛される妻」と「愛されない妻」の特徴

夫から愛される妻の特徴と、夫から愛されない妻の特徴

「夫に愛される妻」と「夫に愛されない妻」は

何が違うのでしょう。

「夫に愛される妻」は

自分が楽しいことをします。

夫が喜ばなくても、あまり悲しくありません。

夫が喜ぶと、とっても楽しくなります。

「夫に愛されない妻」は

夫が喜ぶことをします。

喜んでくれないと、とても悲しくなります。

夫が喜んでくれると、ほっとします。

愛される妻の「夫」は

楽しそうな妻をよく見ます。

それを見ると、自分も楽しい気持ちになります。

そして、もっと妻のことが好きになります。

愛されない妻の「夫」は

不安そうな妻をよく見ます。

それを見ると、自分も不安な気持ちになります。

そして、妻のことを見なくなります。

頑張ることで夫のホンネが見えなくなる

夫婦再生カウンセラー下木修一郎です!

下木修一郎

5,000人の夫婦問題を解決に導いてきた夫婦カウンセラーとして分かったことがあります。

それは、仲良くなりたい、愛されたい、夫婦関係を良くしたい思うあまり、

夫から愛される妻になろう

と頑張ってしまう人が多いということ。

夫から愛される妻になるため、食事をがんばったり

夫から愛される妻になるため、帰ってくるまで待ってみたり

夫から愛される妻になるため、必死に掃除をしたり。

でもそれって、、、

しんどい

本当はしんどいですよね。。。

愛されるために頑張らなきゃ!

がんばってる私の姿見せなきゃ!

気づいてもらわなきゃ!

と、やりたくないことも(やりたくない嫌なことこそ)頑張らなければならない、と思ってしまう。

ところがどっこい

愛されたいと思って行う妻の行動って

どんな鈍感な旦那でも、なぜか分かってしまうのです。

ああ、僕に見てほしいのだろうなと。

僕のために頑張ってる、と言いたいんでしょ、と。

でもそれって、

僕のためじゃなく、

自分のためにやってるんだよね?

と感じてしまうんです。

心に余裕のない夫は、もちろんそんな愛してほしいオーラを振りまく妻を受け止める余裕もありませんから

「はぁ・・・」

とため息をつき、妻と目を合わさなくなってしまいます。

(僕は見てないですよ、知りませんよアピールです)

そんな冷たい態度の夫の姿を見れば、誰だって慌てる。

やばい、夫の気持ちが離れていく、頑張らなきゃ!もっと私変わるから!!

となり、どんどん夫のホンネを見失なってゆくのです。

俺のこと分かってない、と感じた夫の行動は、更に冷たくなってしまうのです。

なんとしてでも、この負の連鎖をたち切らなければなりません!

負の連鎖、断ち切りましょうぞ!

夫に愛されるために、自分を捧げる必要はない

他のブログや本などでは、愛される妻の特徴として、夫に対してどんな行動をすればいいかという紹介がたくさん書かれています。

例えば、さり気なく気遣いとか、家族より夫優先とか。

それができれば、素晴らしい奥さまになるだろうけど、そんなのムリムリムリムリ!ですよね。

私でも、ムリですもの。ムリなものは、ムリ。出来ないものは出来ないーーー!

私は、もっともっと、いや、めちゃくちゃ大事なことがあると思っています。それをお話しますね。

せっかくなので、今!思い出してください。

あなたが旦那さんからプロポーズされたときのこと!

どこでプロポーズされましたか?

どんな言葉を言ってもらいましたか?

あなたはどう返しましたか?

(プロポーズされてない人は、結婚式の誓いでOK)

思い出しましたね。

では、質問です!

旦那さんは

愛されようと必死なあなたに

永遠の愛を誓ったのでしょうか?

違いますよね。

絶対に、違う。

あなたの魅力に、笑い声に、笑顔に

旦那さんは

一生幸せにするッ!

と誓ったのですよね。

(でなければ、男は結婚なんてしない)

ということは、あなたは既に

夫から愛されるための資質

を持っている、ということ。

(資質=キラキラ輝くものとお考えください)

では質問です。

今、あなたが夫に愛されようと頑張っていることをすれば、あなたはキラキラしますか?

ん〜少し分かりにくいですよね。言い換えましょう。

あなたは、それを「やりたくて」やっていますか?

自分の内側から出るポジティブなエネルギーで行動しているか?ということ。

もし違うのであれば、

今すぐ頑張るの、勇気を出してやめましょう。

あなたがやりたくないことを無理してやること、キラキラしないものを頑張るのは、誰が見ててもしんどい。夫はもちろん、子どもだって、親だって。

不安な気持ちはわかります。だって

嫌われるのが怖い。

気持ちが離れていくのが怖い。

でも、嫌われたくない、愛されたいというネガティブな気持ちで続けても、残念ですが、決して夫には届かない。それどころか、目をどんどんそむけられてしまう。

負の連鎖

あなたは負の連鎖という鎖に、ぐるっぐるに巻かれてる状態です。

今、勇気を出して決断するときなのです。

負を断ち切る!と覚悟する。

あなたは、

自分がやりたい!

と思うことに集中する必要があるのです。

集中。

そう、集中!

さあ、集中していきましょう!!

夫に愛される妻になる方法

全ての夫婦に必要な基礎となる部分も踏まえて説明します。この順番を意識して愛される妻へのステップを始めましょう。レッツトライ!

ステップ1:自分の変化を知る

先程プロポーズのときのことを考えて頂きました。

今度はもう少し昔に戻ってみましょう。

夫は、あなたのどこに惹かれたのでしょう?何が決め手となってお付き合いをし、結婚をしたのでしょう?

まずは、それを考えます。

物事を考えるときにおすすめなのは、ノートを用意すること。とにかく書くこと。頭だけでは考えないことに注意してください。どんなに賢い人でも、頭の中だけで整理しながら物事を考えることは容易ではありません。今のあなたの状態ならなおさら。書く。とにかく、書きましょう。

カウンセリングのお客様からは、この質問の答えとして「よく笑うところだと思います」とか「仕事をがんばっていたところ、と言ってもらいました」というエピソードを伺うことがあります。

そのとき、みなさん、少し嬉しそうな顔をされてお話されます。

そう、それ!

夫は、そのあなたを幸せにしたいと思ったのです。

まさに、それこそが愛される人。

ささいな夫からの愛情も、しっかり受け取っていたあなた。

そんなあなただから、夫はあなたをもっと大切にしたいと思った。キラキラさせたいと思った。それが自分の喜びだから!と強く感じたのです。

<<重要>>幸せを維持したいわけじゃない。もっと幸せにしたい。それが男性の幸せなのです。

少し嬉しそうに話されているお客様のお顔をみると、私も彼のそんな気持ち、分かるなぁ〜〜と思ってしまいます。(同じ男としてね)

あ、でも!

笑えば良いのか!仕事をすればいいのか!という話ではないので注意してください。

大事なのは、なぜ笑えていたのか。なぜ頑張れたのか。を考えること。

あなたをキラキラさせているものが、そこにある。きっとある。それが何だったのか、見つめてほしいのです。

もちろん、旦那さん(彼)のおかげで笑えていた、ということもたくさんあるでしょう。それももちろんOKです。

でも、決してそれだけじゃないと思うのです。

何かに夢中になっていた、がんばっていた自分がいるはず。

キラキラしていた自分、自分のことが好きだった自分が、そこにいると思うのです。

一人の男が幸せにしたい!と思った魅力的な女性が、そこにいるのです。

でも、決して焦らないでくださいね。

昔のようにそれをがんばりなさいとか、自分のことを好きになりなさい!とは言いません。

それができるのなら、そりゃ、もちろんありがたい。願ったり叶ったり。

でも現実はそう簡単にはいきませんね。

だって・・・今までいろいろありましたもの。自信、だいぶ失くしちゃってるはずです。

環境も変わって、そう簡単に行動できないこともたくさんある。

ですから、今はキラキラを思い出していただくだけで十分。

今の私が全てじゃないのかも・・・と、今の自分が忘れている自分がいること、キラキラが自分の中にあったことに気づければ、それで大丈夫です。

「夫はなんで私と結婚したんだろう・・・分からないです。」

という方もいますが、安心してください。

夫との関係がしんどいので、夫が自分のことを好きではない、という思いがブレーキとして働き、記憶にうまくアクセスできない状態かもしれません。決して無理をしないでくださいね。

そういう方は、当時自分が好きだったもの、楽しかったこと、夢中になっていたものなどを書き出してみるのも良いと思います。

今の自分とは違う自分がいた、ということを客観的に感じられれば十分です。

次のステップに進みましょう!

ステップ2:夫のホンネを知り、自分の常識を壊す

そうか、私、何か忘れていたものがあった。

夫も変わったけれど、私も変わってしまったかもしれない。

そう気付くことができたら、あなたをグルグルに巻いている鎖が少し緩まったことを意味します。(ラッキー!)

次は、夫のホンネを知る、です。

そもそもなぜあなたが変わってしまったのか。

結婚して引っ越ししたり、仕事をやめざるを得なかったり、子どもができて忙しくてしんどくなったり、今まで楽しかったことがやれなくなってしまったりと、たくさんの要因を経て、あなたも変わってしまった。それは仕方がないこと。

でも、それは、夫も同じなのです。

家のローンを35年で組むということは、35年間、ウン万円を常に引き落とされるというプレッシャー。

年齢が上がるにつれて、給料は少ししか上がらないのに、責任ばかり重くなること。

そんな仕事を、嫌だからやめちゃおう!なんて家族に軽々しく言えなくなったことなどなど、男性も抱えきれないほどの変化に見舞われます。

問題は、それを表現する能力が乏しいこと。妻に苦しいことを打ち明ける男性は、本当に少ない。

それゆえに、妻は夫のことをたくさんたくさん誤解することになります。

代表的な例がこれ。

「夫は好きな仕事して、好きな時間までやって、とても楽しそうです。」

そう思いますよね。ほんと。いや、思われても仕方ない。夜遅くまで飲み会とか行かれると、そう思わずにはいられないですよ。

でもですね・・・

夫もいろいろ、本当にいろいろある。にも関わらず、ストレスや辛さをうまく浄化できない。飲みに行ってストレス発散させても、家に帰れば叱られる。優しい夫は「ごめん」とか謝っちゃうから、せっかくの飲み会でもストレス発散できず。

にもかかわらず、自分が変わることは許されない。妻に愛を注ぎ続けなければならない。

職場と妻と自分の三角関係がもつれると、もういやだ===!!と思い、女に逃げたりする。(4角関係、より複雑にしとるやんけ!)

こういう夫の考え方、物の見方、そして、嬉しいこと、嬉しくないことなどを知ることで、「そうなんだ・・・知らなかった」と知らなかったことを知って、あなたの常識を壊していく必要があるのです。

違いを知ることは、夫婦円満ではマスト項目。ここは学びです。学ぶことでしか知ることはできません。聞いても答えてくれませんから。

カウンセリングでも徹底的にお伝えしていますし、この夫婦図鑑のブログにもたくさんたくさん書いてありますので、是非いろいろとお読みください。300以上の記事があります!

300記事なんて読んでる時間ないなぁ…という方のために、これは特に重要だ!というところをまとめた「夫のホンネが分かる動画講座」もあります!

違いを知ることは、夫の世界一の理解者になる第一歩です。

「夫の理解者選手権」の世界大会で、あなたは優勝する。それが使命なのです。

無理無理

「あーいやいや、無理です。」

とか言ってる場合じゃない。

だって、夫には「妻の理解者選手権」で優勝してもらいたいでしょう?

「がんばったね」「すごいね」「かわいいね」って言ってもらいたいでしょ?

優勝者ならそれが言えるのです。言わなくとも、思ってもらえる。優しくしてくれる。

だったら、あなたも優勝しないと筋が通らないですものね。

でも、優勝なんて・・・って、ビビる必要はありません。夫の全てを知る必要はないのです。そんなの無理だし!

ただ、自他共に認める優勝者であればいい。(そもそも参加者何人よ)

あの尻軽女よりも私の方が分かってるんだから!と思えればいい。(表現が古いなぁ…)

あのくそ姑よりも!!って。(すみません汚い言葉で)

そのために必要なのが、夫のホンネを知るために学ぶこと、なのです。

というわけで、ここまで読み進めたあなたのことを、私が勝手に「夫の理解者選手権」世界大会へのエントリーしておきました!

コロッセオ

次のステップで、優勝するための超大事なトレーニングをおこないますよ!

(世界大会はローマか・・・)

ステップ3:夫の愛に気付き直す

さあ、最後のステップです。

優勝に向けてトレーニングする前に、質問です。

もしかしたら、あなたは今まで夫の愛を、当たり前のように受け取っていませんでしたか?

もちろん感謝はしていたでしょうけれど、しっかり、心から感謝できていましたか?

いつの間にか夫が笑わなくなり、ぼーっとしたり、仕事仕事とイライラしている姿をみて、最初はそういうときもあるかな、くらいに思っていたのに、気づいたら目も合わせてくれなくなってしまった。

気づいたらこうなっていた、というケースが、本当によくあります。夫に対して関心が減っていると起きることなのです。

え?どうして?私のことをもう愛していないの?なんで?どうしたら昔のように笑ってくれるの?どうすればいいの?なんでもするから!と焦り、夫のホンネを考える余裕もなく苦しむことになってしまう。

一度愛されることを知ってしまうと、夫から愛されないと感じてしまうことが、とても怖くなりますね。

なぜ私を愛してくれないの?

私の大切な「愛」を勝手に奪わないで!!

暴走

暴走状態!

その恐怖心こそが、自分のものである「愛」を守ろうとして、その愛をくれるはずの夫のホンネを無視してしまいます。

この恐怖を取り除くことができれば、見える世界が変わります。

夫の心が、辛さが、苦しさが、ホンネが見えてくるようになります。

そして、あなたに、自信が戻ってきます。

そのために大事なのが、夫からたくさんの愛をもらっていたことに気付き直すことです。

今のあなたが見えなくなっている、夫からの愛。それをもう一度、しっかり気付き直すことで、私の大切な「愛」は奪われてなんかないんだ!ということに気づきましょう。

その方法は、既にご覧になられたこともあるかもしれません。夫のしてくれたことをノートに書き出すというトレーニングです。

詳しい説明は下記のページ

「これ凄っ!夫婦再生カウンセラーが教える旦那にイライラ解消法」fufuzukan.com/dannasecret-1071.html

の下の方でお伝えしていますし、さらに過去のことまで掘り下げることについても

「夫婦なのに一緒にいても寂しい」という妻の気持ちが分からない夫に気持ちを伝える方法」https://fufuzukan.com/samishi-16769.html

でもご説明しています。是非ご覧ください!

更に詳しくは、先程説明した

「夫のホンネを知る動画」https://fufuzukan.com/post_lp/fufulesson

で正しいやり方をお話してます。夫婦再生のバイブルです!

しっかりとトレーニングすれば

「私、愛されてたんだ・・・」

という、今まで見えなかったもの(見えていなかったもの)が見えるようになります。

わ!意外と旦那がんばってました・・・という感想をたくさん頂いています。

ビックリ
↑そこまでビックリはしないけど、結構驚きますよ

自分の大切な「愛」を奪おうとしていたのは夫ではない。自分自身が見ていなかったんだ、ということに気づくのです。

この自分の心に変化は

「自分はたくさんたくさん愛されていたんだ、そして、今もまだ、形は変わってしまっているけど、夫は私に愛をくれているんだ。」

という心のゆとりを生み出します。

あなたは自信を少しずつ取り戻していくのです。

「夫の理解者選手権」で優勝する準備は整いました。

さあ、試合に出ましょう!

夫から愛されるためにすること

夫から愛されるためにすること

それは、あなたの中にある夫を愛すことです

寂しい!愛してほしい!という悲しみを満たすのは、あなたを愛してくれる人だったら誰でもいいのでしょうか。夫以上に優しい男が登場すれば、ヤッター!オッケーです!となるのでしょうか。

きっとそうではないはずです。

「寂しさを紛らわせるために浮気しても、心が満たされないんですよね。」と女性のお客様から聞きました。(ホホゥ…興味深い)

やっぱり、夫がいいんですよね。

であれば、まずは、目の前にいる夫ではなく、あなたの中にいる夫を愛してあげてください。

ああ、頑張ってんじゃんこの人、って心のなかで感じられたら、目の前の夫に自然と「してあげたい」と思うようになるもの。

決して、愛されたいという欲求で行ってはいけない。

ダメな女だと思われたくないからするのは、もっとダメ。

夫婦を再生するのに最も大切なことは、

「自分からやりたいと思えないことを続けると、必ず失敗する」

逆に言えば、自分がやりたいことを続けるからこそ成功する、ということです!

さあ、毎日が「夫の理解者選手権」ですね!

自分の変化を知り、夫のホンネを知り、夫からの愛情を感じ取る。この3ステップを繰り返すことで

夫をねぎらう、感謝する、何かしてあげるなどの普通のことをやってみましょう。

すると・・・

戸惑う

あれ?愛してくれオーラないやん。どうゆうこと?

しかもちょっとなにかサッパリしてるというか?

キラキラしてるような・・・

警戒していた夫は、簡単にあなたの変化を受け入れることはできません。

また妻は元に戻るかも知れないと思うと、余計にです。

もう傷つきたくないからです。

だから少し、時間がかかります。

でも、少しずつ、確実に関係は変わっていきます。

あなたがやりたいことを、やる。

そう言われても、わからないよ・・・と思われるかもしれません。

ですよね、読んだだけでは見つからないと思います。

でも、大丈夫。ステップ1〜3をしっかりトライすれば、自ずとやりたいことが見えてくるはずですから!

夫に選ばれたあなただからこそ、出来ることがあるのです!

優勝!

優勝だーー!!

がんばりましょう!

応援しています!!!!

shushimokicur
執筆:下木修一郎(しもきしゅういちろう)

NPO法人日本結婚教育協会会員
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
夫が何を考えているのか分からないあなたへ『夫のホンネがわかる動画』も絶賛公開中です。

↓夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
bnr_contact