愛され妻になるためには、自分を曲げるべき?

こんにちは!夫婦再生カウンセラーの下木修一郎です。

愛され妻になりたい。だったら、相手が喜ぶことをしたい。
とても分かります。

でも、そのために自分を曲げるのはいいのでしょうか?

大事なのは今その瞬間の愛を得ることではありません。

長い目で見て夫婦が成長できるか。愛を育むめるかどうかの視点を持つことなのです。

結論、自分を曲げない方がいい。

なぜ自分を曲げない方がいいのでしょう。

相手の望むようにした方が、愛されるのでは?愛され妻になれるのでは??

本当に愛され妻になるためには、自分を曲げるべきではない理由があります。

理由、夫婦としてお互いが成長できなくなる。

自分を曲げることは悪いことではありません。
凝り固まった考え方よりも、柔軟な気持ちでいる方が成長できるでしょう。

社会でも一緒ですね、自分の考えに固執している人は成長しませんもの。

夫婦円満も同じですよね。
お互いの成長無くして、長く続く楽しくて楽で気持ち良い夫婦関係はつくれないでしょう。

でも、相手を喜ばせたい。
相手が喜んでくれたら、もっと愛してくれるのでは?愛され妻になれるのでは?

たしかに相手は喜ぶかもしれません。ですが、その考えには3つの問題があります。

曲げても愛され妻になれない3つの理由

1)自分の心を曲げることでしか、相手を喜ばせられなくなる

私が我慢するという方法でしか相手に貢献できなくなってしまいます。
そんな相手に合わせている人の姿は魅力的でしょうか?

極端な話ですが、なんでも自分の言うことを聞いてくれるいいなりの人は、便利で都合は良いですが、魅力的ではありません。自分の意思を持っていないように見えると、尊敬もできなくなりますし、なにより相手が困っているときに頼れない存在になってしまいます。それは長期的な視点でみて愛され妻になれないと言えるでしょう。

2)相手が成長しなくなる

合わせるあなたを見た相手は、「なんだ、それでいいんだ」と、あなたのことを分かったような気持ちになります。あなたのことを知る機会を失うのです。勘違いなまま夫婦生活を続けてしまうことになります。

本来なら、相手だってあなたに貢献したいはず。特に男性はヒーロー願望があります。あなたを支えたい。助けたい。あなたをサポートしたい。なのに、その機会がない。活躍できない。イコール、成長できなくなってしまいます。愛が育たないのです。

3)楽しさがX2にならない

相手を優先して得られるのは喜びというより、嫌われない安心ですね。
安心は確かに大事。でも、その安心は心地よい安心なのでしょうか。あなたが自分を曲げ続けることでしか得られない安心は、あなたの心を本当に穏やかにしてくれるでしょうか。

解決策、意思表示をする。

はい、自分を曲げない。意思表示をしましょう。

でも、意思表示は難しいですね。だって、嫌われるかもしれない。愛され妻になれないかもしれないという不安があなたを苦しめる。

でも、その不安、本当にそうですか?あなたの思い込みではないですか?
夫だって、あなたを喜ばせたいのです。
夫だって、もっともっと楽しみたい。それも、あなたと一緒に。

自分を曲げないことは、めちゃめちゃ勇気が要りますね。もし勇気がでないならば、ご相談ください。一緒に意思を言えるように頑張りましょう。

さて、相手に意思を伝えた。「私はこれがやりたい」というあなたの言葉を優先してくれた、譲ってくれたら、しっかり感謝。これで相手は「貢献できた」という成功体験を得られます。しかも、あなたの意思を知り、成長することができました。

「私はこれがやりたい」といっても、どうしても相手から譲ってくれないこともあるでしょう。受け入れることができるなら、受け入れましょう。私のこと大切じゃないんだ!とか凹んでいる場合じゃありませんよ。すぐに「約束」を取ってくださいね。すぐに。「じゃあ、次は私ね。」もし約束が取れたら、しっかりと「ありがとう」を伝える。

もし向こうが譲ってくれたら、同じように、「次はあなたね」と予定を取りましょう。

こうやって、夫婦の未来が作られていくのです。ふたりの合意で作られる安心。これこそ本当の安心。そして、夫婦の成長。愛され妻は、愛されようとしない。自分のことを大切にしている、魅力的な妻なのです。

笑顔があふれる夫婦生活を実現するために、一緒に頑張りましょう!

執筆 夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家

↓夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
bnr_contact

コメントを残す