妻の自己中心的な言動…共に生きていく自信がない【夫婦相談】

【夫婦相談】44才男性

結婚10年、子どもはいません。
妻は派遣で働いており現在は月6〜7万の収入があります。そして妻はバツ1です。
最近妻の自己中心的な言動に限界にきています。

仕事で遅くなっても「遊んでいる」と決め付け、激高します。自分の仕事のある日は「しんどい」と言って家事は放棄します。

休みの日も自分の拘りで家事を行い、結果疲れたと言って私が帰った後は何もしません。私が反論を行なうと、激高し「死ね」などと書いたメールを送付してきます。

今までは何とかあわせようとしてきましたが、合わせる事により妻はますます自分の意見が正しいと思い、自己中心的は考えがエスカレーションしていっており、私も限界です。妻の機嫌をとるために、早く帰る事を意識し、仕事への影響も出始めています。

先日、このままやったら離婚すると言ったところ、「そしたらお前が出て行け!」や「条件だせや!」「死ね」などの言葉が返ってきました。

離婚原因としては難しいと思いますが、このまま私は妻と共に生きていく自信がありませんので、相談させて頂きました。よろしくお願いいたします。

【男性夫婦カウンセラーの回答】

酷い言葉の中、相当な苦しみだったと思います。それでも奥様に合わせようと努力されてきた。さぞや辛い思いをされてきたことと思います。

最近の自己中心的な…とありますので、10年間の婚姻関係でこのように奥様が酷い言葉や家事を放棄されたりするのは最近の事なのでしょう。

奥様の言葉は精神的な暴力に相当するもので、モラハラと捉えることができます。

ですが、モラハラという言葉だけで片付けられるのかといえば、そうではないようにも思います。

奥様の背景には、なにかとてつもない悲しみが潜んでいるような気がします。
そして、それを一番身近にいる夫に汲み取ってもらえなかったという怒りを強く感じます。

お子さんはいないとのことですが、例えば奥様はお子さんのことについてどう考えてたのかを話したりしたことはありましたか。これからの二人の人生について語り合ったことはありましたでしょうか。

言わないからといって、気にしていない、というわけではないのです。

分かってもらうことで、愛されていると感じる女性はたくさんいるのです。

男性には、女性の気持ちを汲み取ることが難しいです。私も未だに妻の気持ちを理解できない部分がたくさんあります。ありすぎます。難しすぎます。正解を出すことは難しいです。

ただ、そんな男性でもできることがあります。

それは、奥様に対して関心を持つ、ということです。

奥様が何を考え、何に苦しんでいるのかに関心を持つ。

派遣の仕事、人間関係、体調、将来の不安、子どものことなど、女性はたくさん考え、たくさん不安になることがあります。でも、分かろうとしてくれる存在がいてくれれば、頑張ることができる。乗り越えることができる。聞いてくれる人がいれば、心がすごく楽になる。

あなたが奥様のために一所懸命合わせようと頑張っていることは、それはすごいことだと思います。ですが、その合わせる、という部分が奥様の苛立ちをより強くしてしまうこともある。合わせるということは、極端な話、言われたことをやっているように思われるからです。

頑張っているにも関わらず、仕事で遅くなっても「遊んでいる!」と決め付けたような言葉を発せられる。とてもしんどいと思います。

でも、そんな言葉を発する奥様も、きっと、とてもしんどいのだと思います。

もしまだあなたに少しでも力が残っていたら、奥様に関心を持つ第一歩として、奥様が毎日やっていることを書き出してみてください。それを見て、奥様の毎日の姿を想像してあげてください。そこで感じたことを伝えてみてください。

どんな言葉を伝えても、最初は激昂されるかもしれません。それでも、根気強く続けていけば、奥様はあなたからの愛を感じることができるようになると私は思っています。

ところで・・・頂いたメールのはじめにある「そして妻はバツ1です」という文から、もしかしたら妻は前にも失敗していますよ!という含みを少し感じました。

あなたもまた、奥様を信じきれていない部分があるように思います。
それは仕方がないことです。自分以外はおかしい人間だ!とみんな思いますから(笑)

でもそれでは今と同じことを繰り返してしまう。
ここから抜け出すために、少しだけ、もう少しだけ頑張ってみませんか。
応援しています!頑張りましょう!!

 

↓男性専門夫婦カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!
夫の悩み

shushimokicur
夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)

NPO法人日本結婚教育協会 愛知支部員
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家