やり直したいといった夫がスキンシップをしてくれない【夫婦問題】

34才女性からの夫婦相談

昨年末から夫の態度がよそよそしくなり、私も寂しさから夫を避けたりギクシャクしていました。

1月末に意を決して「私もう愛されてない?」と聞くと「好きかどうかわからない。前回ケンカした時にやめろといった事をやめなかった。もうどうでもいい。昨年末に自分の家族の事を言われキレそうだった」と言われ、その日から完全に夫が冷めた態度になりました。

それから夫婦再生の為に私もいろいろ始め女も磨き、態度を改め、夫も次第に仕事の話をしてくれたり自分が見てるYouTubeを見せてくれたり、家族でお出かけもしてくれる様になりました。

しかし振り返れば昨年末からスマホを肌身離さず持ち歩く様になったり、不思議な理由をつけて1人で出ていったりする事が度々あり浮気を疑う様になりました。
結果、浮気をされてました。本人曰く一線は超えてないそうですが。

悩んだ結果、今後の事と浮気の事を夫と話し合い、私は自分が夫を蔑ろにしてしまったこと、それで辛い思いをさせてしまった事、私のせいで浮気に走らせてしまった事を謝罪し、夫婦をやり直そうと思う旨を伝えましたが、夫の気持ちを聞くと「よくわからない。何も考えられない。」と言いました。

結局一度は私が「離婚」に言及して家を出て行こうと思ったのですが、子供達の事、夫がシクシク泣いてる事でまた冷静になれ「1%でもやり直す気持ちがあれば一緒にやり直しませんか」と伝えました。

翌々日、「1年間良き妻として踏ん張ってみようと思う。あなたはどうしたい?」と聞いてみたところ、「俺も1年間やってみる」と言ってくれました。

それからはスマホも放置し、家族サービスをまたしてくれる様になったのですが、相変わらず私には触れようともしないので「夫は我慢してるんじゃないか」、「子供達の為だけで私にはウンザリしてるんじゃないか」、「触られるのも嫌なんじゃないか」と思う様になり、夫とどう関わっていいかわからなくなり自分に自信が持てず、時々過呼吸みたいな症状が出てくる様になりました。

昨年末から私に触れてこなくなり、最近私からスキンシップを求めましたが、夫は拒否しないものの冷めた感じです。セックスレスになってます。一度「寂しい」と言って求めようとした事がありますが、「正直年末の事が…」と拒否されました。勝手ではありますがとても寂しいです。

このまま夫婦の関わりがないんじゃないかと思うと絶望に襲われます。「離婚」の文字もまた脳裏に浮かんでしまいます。
夫の為に今は耐えるしかないんでしょうか?

 

【夫婦カウンセラー 下木修一郎の回答】

夫婦再生のために懸命に努力をされてきたのに、なかなか好転しない。とても苦しい思いをされていますね。ご飯、食べられてますか。

浮気をやめて戻ってきたにも関わらず、夫の心が戻ってこない。やり直すと言ったのに・・・やっぱり私のことを愛していないんだ!と考えてしまいますよね。

夫のために耐えるしかないのか、というご質問ですが、こういうときに大事なのは、やはり相手からの視点。

今のあなたが夫にどう見えているのかを考えてみると。。。

”自分が愛されているかがとにかく気になっている妻”に見えるでしょう。

どうしたら愛してくれるのかと、自分が愛されることばかりに注目してしまっているように見える。

ギクシャクしたとき、「私もう愛されてない?」と自分を主語にした質問を夫にされましたね。夫のことが気になっているのに、言った言葉は”自分のことをどう思っているのか”という視点でした。

男性からすると、これはとっても寂しい。俺は苦しんでいるのに、きみは自分のことばっかりじゃん!!と思えてしまう。

夫の苦しみ、悩み、思いをもっと知りたいはずです。気になっているはずです。だからすごいもったいないです。

ですから、夫の気持ちを知っていただき、これからの行動のヒントにしていただければと思います!

私が一番気になっているのは、ご主人がキレそうになった「年末」のこと。ここにはお書き頂けてない話です。ご主人のご家族のことについて、あなたが言った言葉にとても傷ついているようですね。

パートナーから家族のことを中傷されたり、否定されたりすると、とても深い傷となってしまいます。特に男性は家族を否定されることを嫌がります。自分のルーツを否定されることは、つまり自分自身を否定されることになってしまうからです。

そのことについては恐らく謝罪されているのだとは思います。

しかし!謝罪したからOKか、というと、そうではない。傷ついた夫は、まだそのことが許せていないようです。

なのに、な・の・に!許せてないのに!!

妻との関係を修復しようと試みているわけです。許せていないのに。ここが大事。

夫の心の葛藤に対して、目を向けてほしいのです。夫の苦しみを、想像してほしいのです。

「やり直したい」という夫の言葉は、愛がすべて戻った、という意味ではなく、僕だって辛いけれど頑張ろうと思っているんだ、という意味です。

そんななか、スキンシップをしてくれず「寂しい」と言ったあなたの言葉は、ご主人にどう映ったか。

いやいや、私だって浮気のようなことされたんだから!私の苦しみはどうすればいいんですか!!と思われるかもしれません。おっしゃるとおりです。

だからこそ、覚悟がいる。本当にご主人のことを愛していきたいのであれば、求めることよりも、与える方を選んで欲しいのです。それができるのは、妻しかいないから。彼をもっとも近くで支えることができるパートナーだから。

ひとつ、私の考察ですが、もしがんばる勇気になればと思いお伝えしたいと思います。

夫に愛がゼロなければ、やり直そうなんて絶対に言いません。言えません。可能性はあるんです。だからこそ、夫のことを徹底的に見つめ直してください。夫がどう葛藤をしているのかを徹底的に考えてください。あなたが夫の理解者となること。それが夫の唯一救われる道なのです。

夫を救えるのは、あなただけです。がんばって!!

 

「とても前向きな気持ちになりました!」

多くのお客様からカウンセリング後に「前向きな気持ちになりました!」とおっしゃって頂いています。前向きな心が自信を生み出し、行動する力となるのです!

夫婦仲が悪くなるのは本当に辛い。でも眉間にシワ寄せていても夫婦仲が良くなることは決してありません。苦しいときだからこそ前向きに頑張ることが、夫婦再生の鍵です。

こんな濃い顔のオッサンですが、全力で応援します^^)

shushimokicur
夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
NPO法人日本結婚教育協会 愛知支部員
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
夫が何を考えているのか分からないあなたへ『夫のホンネがわかる動画』も絶賛公開中です。

夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!