プレゼントで失敗するダンナさんの「2つの習慣」

トラブルから抜け出すよりも、トラブルを避けるほうが簡単だ

ビジネスマンが幸せになる夫婦戦略「日払い」でお話した「愛の投資」方法。
今回は「ボーナス払い」について。

ボーナス払いとは、結婚記念日や誕生日、クリスマスなどの「プレゼント投資」を指します。

ちなみに、妻へプレゼントを贈っているダンナさんは4割以下だそうです。
そんな素敵なダンナさんの家族がもっと幸せになるためなら、夫婦カウンセラーは全力で応援します!!

では早速。

まずは「失敗する」パターンから見て行くことにします。


【プレゼントで失敗する夫の行動】

1.過去の成功体験をくり返す
豪華な花を贈ったら、妻がとても喜んでくれた!ので、毎年プレゼントは花。
しかも豪華さが年々増していくパターン。

喜んでもらったから、次も間違いなく喜んでもらえると考えるのは、
戦略無き拡大に突き進む企業の衰退シナリオと同じ。

このような人は、自分の贈っているプレゼントの価値を正確に見極める事ができていない状態です。

2.サプライズ好き
男性(夫)は妻の気持ちを理解するのは不得手なため、相手の気持ち(ウオンツ)をくみ取らなくても、確実にリアクションを取ることができるサプライズを好みます。

しかし、プレゼントで喜んでもらうことが目的だったはずなのに、サプライズで相手を驚かすことが目的化してしまう。
このような人は、「目的の手段化」と呼ばれ、本来の目的を見失っている状況にあります。

失敗するプレゼント投資に共通していえることは、
「リサーチ」を怠っているということ。

リサーチを怠ると、ビジネスではこんな感じ。

部下と上司
部下:「女性はサプライズ好きだから、販促テーマは”サプライズ”にしたいです!!」
あなた:「リサーチって、知ってる?」

夫婦では、こんな感じ。

サプライズ夫婦
あなた:「最高だろうこのビーチ!半年前に予約したんだぜ!?」
妻:(紫外線、紫外線、紫外線!!)

このような残念な状況から抜け出すために、
早速「妻のリサーチ」を始めましょう!

家庭内での観察調査で、以下を重点的にウオッチしてください。
・チラシ、カタログどこを見ているか?ページの角は折れていないか?
・ネットの履歴で頻繁に出てくるページは無いか?
・お気に入りの服や靴のくたびれ度合いはどうか?
・独り言で「いいな〜」「欲しいな〜」は出ていないか?
・釘付けになっているテレビCMは?
・情報誌やタウン誌で気になっているスイーツ屋はないか?
・旅番組で高い反応を示しているところは?

これらの情報を得るためには、多くの時間妻と一緒にいて、会話をしながら観察を続けることが必要です。

無理?時間が足りない?もっと早く言え?

わかりました。では、そんなあなたに、最強の「デプスインタビュー」をご紹介します。

インタビューの切り出し方は、実に簡単です。

「ナニガホシイ?」

と聞くだけ。

サプラズ好きなあなたには、さぞや屈辱でしょう。

しかし、リサーチ不足のプレゼントをもらった妻は、ちょっぴり、残念なのです。
あなたの気持ちが嬉しいからこそ、残念なのです。

感謝するき気持ちを伝えるのがプレゼントだから自分で考えたものをプレゼントしたい、という考え方は恋人同士では良いでしょう。

しかし、いつも一緒にいる夫婦ならば、相手が何を欲しがっているかを知ろうと興味を持ち、喜ぶものを贈ることは「投資の基本」なのです。

その上で、さらにサプライズを仕掛けるなら、それはもう、相当カッコいい、です。

ちなみに、うちは「奥さんがうれしい」を再優先させてますから、ハイ。

それでは、成功をお祈りしています!

shimoki150
執筆:下木修一郎(しもきしゅういちろう)
夫婦再生カウンセリング名古屋代表カウンセラー
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
▶下木修一郎のプロフィール

夫の悩み