離婚される理由が無いと言って離婚に応じてくれない夫【夫婦問題】

29才女性からの夫婦相談

夫への愛情が全く無い状態での結婚生活が辛く、離婚したいと考えています。
夫に離婚したいという意志は何度も伝えていますが納得してくれません。
離婚したい理由は、今までの不満など小さな事の積み重ねで現在は愛情も無く、生理的にも受け付けない。と言いましたが夫には理解できないようです。
6歳と4歳の子どもが居ます。共働きなので子どもたちの送り迎えなどは協力していますが、家庭内で夫婦の会話はほとんど無し、もちろん身体の関係もありません。寝室も別にしています。
自分でアパートを借りて子どもたちを連れて出ていければ良いのですが、経済的にできません。
良くないとは思いますが、夫の居る家に居るのが苦痛で友人の家に泊めてもらったりしています。
夫の言い分としては、離婚される理由が自分には無いのに、自分から子どもたちまで奪う意味が分からないとのことです。

 

【夫婦カウンセラー 下木修一郎の回答】

夫に対して愛情を全く感じないのに、結婚生活を続けている。離婚したいことを夫に伝えているのにも関わらず納得してくれない、というご相談ですね。愛情が一切ない夫と生活することはとてもしんどいですよね。いっしょにいられず友人の家に逃げていらっしゃるくらいですもの。

夫は、離婚される理由が自分には無いと感じている。お金も入れている。不倫もしていない。暴力も振るっていない。

それでもあなたにとっては、夫と暮らすことが苦痛で仕方がない。小さなことの積み重ねで愛情が消えてしまった。

このままだと、二人はずっと平行線のままですね。

さて、夫があなたの気持ちを理解できないのはなぜでしょう。どうして話が通じないのでしょう。

もちろんそんなものを理解せずとも離婚ができれば一番いいですよね。今更夫の気持ちなんて考えたくないでしょう。でも、今後子どもたちもお金がかかるでしょうし、経済的に支えが必要だと思いますので、夫の気持ちを知っておいて損はないと思います。

たとえば、夫が靴下をリビングに脱ぎっぱなしにすることが耐えられない、としましょう。

「リビングに靴下脱ぎっぱなしにしないで!」

それに対して、夫はこう言うでしょう。

「ああ、ごめん」

夫はリビングに靴下を脱ぎっぱなしにすることを問題だと思っていません。

たとえ話で恐縮ですが・・・夫がリビングに靴下を脱ぎ捨てるのは、仕事から帰ってきて一段落するリビングで靴下を脱ぎ捨てることが快感である可能性が高いです。本人は無意識ですが。ソファーに座って、靴下をポンと脱ぐ。8時間以上靴下というタイトなものに束縛されていたことからの開放。ああ、気持ちいい・・・。そして抜いた靴下のことをすっかり忘れてしまう。

注意されて脱衣所に持っていくのであれば、ちゃんと言われたことをしているし、問題はないよね?と思っているはずです。

靴下をリビングに脱ぎ捨てることが離婚理由?まさか!そんなことで僕と子どもたちを引き離すのか?と思っているはずです。

だからちゃんと伝えてあげなければなりません。

なぜ靴下を脱ぎ捨てられるたびに、あなたが傷ついてしまうのかを。

夫が靴下を脱ぎ捨てるたびに、全然私に対して協力的じゃない!と辛くなったことを。

私は仕事と家事を両立しながらも、家族のためにリビングを一所懸命片付けている。きれいにすることで家族が安らげる場所にしたい。それなのに、あなたはその臭い靴下をリビングの上にぽんと置く。さっき掃除機をかけたばかりの床の上に。なぜ脱衣かごに入れられないの?ほんの3メートルでしょ?それを見るたび、私はとても悲しくなる。なんで注意しなきゃいけないんだろうと切なくなる。ほら、子どもたちも真似する。子どもたちに対してイライラなんかしたくない。なのに、何度も何度も何度も。私が家族のために頑張ってることを否定されているようで苦しくて仕方がないんだよ。

なぜあなたがこんなにも苦しいのか、ということを、物事の表面だけではなく、細分化して、具体的に伝える。

伝えるときに最も大切なのは、相手の行為を責めないこと。「なんでやってくれないの?」で止めてしまうと相手を責めることになる。「なんでやってくれないの、と思って悲しくなった」と、あなたが感じた気持ちを伝える。

「やめてほしいといったのに止めてくれなかった!」

では伝わらない。

なぜ止めてほしかったのか。
やられるとどんな気持ちになったのか。
なぜそう感じるのか。

自分なりにで結構です。それをノートに書いてみてください。そして、自分で自分を理解して伝えてほしいのです。

夫の嫌なところを書くノートではありません。あなたの気持ちを書くのです。なぜ悲しかったのか、どんなふうに寂しかったのか、どれだけ苦しかったのか。

これができると、さすがの鈍感ヤローでも理解し始めるでしょう。理解が進むと、夫からも言葉が出てくるはずです。

「なんで言ってくれなかったのか?」とか言う人もいるでしょう。(イラッとしますね)

もしかしたら「全然解ってあげられなかった」とか言うかも。(ほー)

どういう答えが返ってくるかは、なんとも言えませんが、その答えに対しても、素直な気持ちを伝えてください。

会話ができるようになれば、離婚に対しても進んでいくでしょうし、あなたの気持ちも楽になっていくでしょう。

そもそも理解してもらえなかったことが最も辛いことだったのですから。

生理的に無理になるケースの多くは、相手に期待し、裏切られる、を繰り返すことが多いように感じます。期待したものが裏切られるのは、しんどいですものね。

もし相手に期待するのであれば、自分の気持ちをはしょらず、具体的に言うほうが、夫婦としての信頼をより早く積み重ねていけるようになると思います。

ま、次の機会で使ってください^^)

夫のため、子どものため、そしてあなたの将来のために、ちゃんと納得して離婚できること願っています。がんばって!

 

「とても前向きな気持ちになりました!」

多くのお客様からカウンセリング後に「前向きな気持ちになりました!」とおっしゃって頂いています。前向きな心が自信を生み出し、行動する力となるのです!

夫婦仲が悪くなるのは本当に辛い。でも眉間にシワ寄せていても夫婦仲が良くなることは決してありません。苦しいときだからこそ前向きに頑張ることが、夫婦再生の鍵です。

こんな濃い顔のオッサンですが、全力で応援します^^)

shushimokicur
夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
NPO法人日本結婚教育協会 愛知支部員
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
夫が何を考えているのか分からないあなたへ『夫のホンネがわかる動画』も絶賛公開中です。

夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!