一人の時間をあげても夫との関係が良くならない【夫婦問題】

【夫婦相談】33才女性、夫29才、子どもあり、結婚7年

今年に入り、夫の帰りが遅くなりました。帰宅時間と残業時間が合わない、怪しいレシート発見など気になることが多々あったため問い詰めると、会社の後輩の女性の家に行ってることが発覚しました。

夫いわく、

「自分は今まで家族のために自分を犠牲にしてきた。自由になりたかっただけで、家に行ってもDVDを見ただけ」

と浮気は否定します。

その時は信じることにしたのですが、その後、夫が鬱のように変わってしまいました。

「自分は何のために働いているのか、どこに行けば休まるのか」

と言うようになり、家にいても子供たちをみることが減りました。私のことは

「子供を育てるために必要だが、いると気を使うので帰ってきたくない」

とも言われました。

一人の時間を作ってあげようと2週間実家に戻ったのですが、リフレッシュ出来たのか聞いてもわからないと言われます。(戻っている間も一切連絡はありません)

私も鬱だったので夫がおかしいのはわかるのですが、自分のタイプと違うので理解できないことも多いです。

子供が第一なので休日は家にいるのですが、仕事後2~3時間の外出は続いています。(どこで誰と何をしているかは聞いていません)

離婚は考えていなかったのですが、一人の時間を作ったり、普通に接したりしても良くならない状況に離婚をして好きにさせた方がいいのかと考えるようになりました。

なにより子供たちのことは考えるが、私がいると帰ってきたくないと言われたことが離婚を後押ししてしまいます。専業主婦なので、そうなればやらなければいけないことがたくさんあります。

このまま様子を見るべきか、離婚に向けて準備をするべきでしょうか。

【夫婦カウンセラー 下木修一郎の回答】

今は専業主婦をされているのですね。子どものこと、経済的なこと、もし離婚となったらと考えるだけで、気が重くなってしまいます。辛いなかでも、本当によくがんばっていらっしゃいます。ご飯食べれてますか?

このまま様子を見るべきかについてですが、「様子見」は相手が変わるかもしれない、という期待ですよね。このまま放置しても、自分の行動をあなたのせいにしている夫の態度が変わることはないでしょう。様子を見てもダメなら離婚を考える、というお考えでしょうか。

離婚に向けての準備をするか、については、離婚への覚悟が決まっているのであれば、少しでも有利な条件で離婚するために早めの準備が大事だとは思います。

この2つの選択肢から、もう疲れた、という声にならない悲痛な叫びを感じました。

さて、今あきらめるか。それともまだ頑張るか。

離婚で楽になるなら。でも、子ども、収入を考えると簡単なことではない。堂々巡りですよね。

そこで!夫の心理を知っていただき、あなたが決断するためのヒントとして役立てて頂ければと思います。

まず、夫の鬱について。「ご主人の態度が変わって、まるで鬱のような状態になってしまった」とのことですが、これは鬱ではないように思います。隠していたものが発覚してしまい、もう隠す必要がなくなった。知られてしまったのだから、もうどうでもいいや!という無気力感が、そう見せているように思います。女のところにいけば元気でしょう。

次に自由がないという夫の心理。ご主人に当てはまるかどうか分かりませんが、ご主人の言動は浮気をしている男性によく見られるものです。自由になりたいという発言も浮気をしている男性がよく使います。自分を大切にしない妻といることは束縛されてるのと一緒、不自由だ!という考えからです。

ではなぜ、ご主人は妻から大切にされてない!と考えたのでしょう。

少し時間を遡ってみましょう。結婚は7年前ですから、ご主人はまだ20代前半。当時はまだ若く、会社でも必死に毎日を頑張るだけの生活だった。それから7年、少しずつ会社でも自信が持てるようになってきた。そんなとき後輩の女性が現れる。きっとやさしいご主人が女の面倒をみてあげたのでしょう。ほどなくして「先輩やさしいですね」とか「先輩かっこいいです」なんて女が言ったのでしょう。

仕事を頑張ってきたご主人は、そんな嬉しい言葉をきいて、舞い上がってしまったのだと思います。

本当に情けないのですが、私もその年齢の男性の気持ち、分かります。自分に価値があると思いたいんです。だからとても嬉しかった。俺スゲー!みたいな。そして、こんなにも分かってくれるひとがいるんだ!ということもきっと驚きだったのでしょう。

夫の浮気のような行動を取った裏側には、こういう流れあります。

実は私、気になっていることがありまして。

あなたのメッセージから、とても控えめな印象を、自分の感情を抑えていらっしゃるような感じがしました。ご主人よりも大人な感じ。「好きにさせたほうがいいのか」という言葉からもご主人よりも随分上の雰囲気が漂っています。実際年上ですものね。そして、ご質問いただいた、様子を見るか、離婚か、のどちらの選択肢もとても消極的、内向的です。

もしかしたら、ご自身の感情をあまり表に出されないタイプなのではありませんか?

若い男性は(若くなくてもですけど)とにかく評価を欲しがります。欲しくてたまりません。それは家でも同じです。家族のために働いていることを評価してほしい。認めてほしくてたまらない。

感情をあまり出されないタイプの妻は、ご主人に対して愛情表現が苦手と言う方がとても多いです。「すごいね!」とか「かっこいいね!」とか「さすが!」とか感情を交えた表現ですね。恥ずかしいとおっしゃる方も多いです。言うとなんか薄っぺらく聞こえますが、こういうのが夫は大好きなんです。

家でも本当は言われたい。でも、言ってもらえないことで、妻に対して不信感が出てくるわけです。自分を評価してくれない、妻は俺のことを大切に思ってないのかもしれない、と思い込んでしまうのです。

つまりこの問題は、あなたのことが嫌いだから起きたのではなく、ご主人の寂しさから起きているということ。妻は俺のことどうでもいいんだ・・・と、夫は逆に妻から嫌われているくらいに思っているわけです。このケースはとても多い。

そんな状態で、「なにしてたの?」と妻に責められ、浮気を告白した。自分が悪いことをしているのは分かってる。でも、俺のこと見てなかったのは君じゃないか!なんだよ、もういいよ!という感じでしょう。

ということで。ここまで聞いて、超めんどくさい!と思われるのであれば、次に進むもよし。

もし少しでもご主人の笑顔を取り戻したいなと思われるのであれば、おすすめなのは「自分の感情を出してみる」こと。例えば

「嬉しい」「楽しい」「面白い」「美味しい」「やった」「私すごい」「ハッピー」「ラッキー」

いきなりはできないので、まずは言葉を使う訓練をしましょう。自分ひとり、あるいは子どもと一緒にこれらの言葉をどんどん使ってみましょう。使ってみて、なんだか楽しいな、と思えたら、次はご主人と一緒にいるときに使いましょう。休日はいるわけですから、使うチャンスがあります。

男は、女を幸せにしたいと思い結婚します。でも、すぐにくじけるんです。妻の心が読めないからです。ダサいです。カッコ悪すぎます。そんな夫ですが、もしよかったら、あなたの声を聞かせてあげてください。もちろん、もしやり直したいと思われるならでいいです。

幸せになってくださいね。応援しています!!

 

「とても前向きな気持ちになりました!」

多くのお客様からカウンセリング後に「前向きな気持ちになりました!」とおっしゃって頂いています。前向きな心が自信を生み出し、行動する力となるのです!

夫婦仲が悪くなるのは本当に辛い。でも眉間にシワ寄せていても夫婦仲が良くなることは決してありません。苦しいときだからこそ前向きに頑張ることが、夫婦再生の鍵です。

こんな濃い顔のオッサンですが、全力で応援します^^)

shushimokicur
夫婦再生カウンセリング名古屋 主宰 下木修一郎(しもきしゅういちろう)
NPO法人日本結婚教育協会 愛知支部員
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
夫が何を考えているのか分からないあなたへ『夫のホンネがわかる動画』も絶賛公開中です。

夫婦再生カウンセリングの申し込みはコチラから。日本全国お電話でもお話できます!