あなたのシェアで、うまれる命がある。

読了時間:約2分
不妊症の原因

夫婦問題カウンセラーの下木修一郎です。数年前、私たち夫婦は不妊治療を行っていました。妻は子どもを産んだ経験があるので、不妊治療を始めればすぐに結果がでると思っていました。

ですが、なかなかうまくいきません。

生理が来るたび、妻は落ち込んで行きます。
自分の年齢に問題があるんだと、自分を責めるようなことも言うようになりました。

「大丈夫だよ、次はうまくいくよ」

そんなようなことを妻に言ってたように思います。

数回治療を行って、またうまくいかなかったと分かったあるとき、妻が私に言いました。

「とても、痛い。ツライよ…。」

妻に肉体的にも精神的にも大きな負担をかけていたのに、全然気づいてなかった。
言われるまで、その辛さを理解できなかったことが情けなかった。

「ほんとにごめんね、ごめんね。」

不妊治療の辛さを全然理解していなかったことに、ようやく気付くことができました。

正直に言ってくれた妻に、本当に感謝しました。そして私たち夫婦は、不妊治療を止めるという選択をしました。

不妊症は、はずかしいこと・・・

夫婦カウンセラーということもあり、今では不妊のことを話すのも抵抗は無くなりましたが、以前の私は、不妊治療のことを話すなんてできませんでした。

たまに会う友人に子どもはまだなの?と聞かれると「んー難しいかな〜」などと適当にはぐらかしていましたが、同時に身体中の細胞がギュっと潰されるような息苦しさを感じていました。

英カーディフ大学とスイスの製薬会社メルクセローノが世界18カ国の約1万人のカップルを対象に行った調査では、不妊を他の人に相談することに対し、日本人はとても抵抗を持っていることが分かりました。

不妊をパートナー、家族、友人に打ち明けることの容易さ (不妊に関する共同調査「スターティング・ ファミリーズ」より)

不妊をパートナー、家族、友人に打ち明けることの容易さ
(不妊に関する共同調査「スターティング・ ファミリーズ」より)

この不妊への心の壁が、不妊治療の理解の妨げにつながってるのではないかと思います。

▶次のページでは、最近明らかになってきた”男性の不妊症”について。