あなたの「ありがとう」のひとことで奥さまはしあわせな気持ちになる

arigatoumouth

オナラしてくれて、ありがとう。で、ありがとうについて話をしましたが、その後、ある旦那さんが私にこんな事を話してくれました。

「ありがとう、って言えないんです」

夫婦についてのサイトや本で「夫婦には思いやりが必要」「感謝をするこころを持つ」というようなことが書いてあるし、妻のがんばりもわかっている。
だから、心を込めて言いたいんだけど、今さら恥ずかしいくて言えないのです、とのこと。

はたから見れば、初心(ウブ)な感じで愛らしいですよね。

ま、奥さんは、納得しませんけどね。

ありがとうを言う必要がないとおっしゃる旦那さんもいました。

「家族のために一生懸命仕事を頑張っている。妻ならばそれは分かって当然だし、伝わっているはず。」

残念ですが、妻のことわかるわけがないのです。
なにしろ有史以来、男と女は、一度たりとも分かり合えたことがないのですから。

30年に渡って女性心理を研究してきた精神分析学者のフロイトですら、

女性はいったい、なにを求めているのか?

と言ったそうなのです。
30年研究して、ギブアップですから、実際には相当ガッカリしたと思うんですよ。


女心、全然わからんよ…。

フロイトが30年かけてもわからない女心を、「ありがとう」すら言えない旦那さんにわかるわけがないのです。

 

実際にありがとうを言うとどうなる?

ご夫婦ふたりでカウンセリングにお越しいただいたご主人に
「いつもありがとう」と、奥さんに言ってもらいました。

そのひとこと、たったそれだけで、

奥さま号泣です。

オロオロするご主人。「いつも思ってるんだよ…」と思わずフォロー
「だって言ってくれたことないんだもん>_<)」と奥さま。

あなたのありがとうを聞くと、妻はたいがいのことを頑張れるのです。
ありがとうってスゴい。(そして妻がスゴい!)

 

もっと結婚生活を欲張ればいい

自由な時間が欲しい。
お小遣いをもう少し増やしてほしい。
もっと褒めてほしい。

なんでもやりたい放題では夫婦といえませんが、
夫婦は我慢だ、なんて思っているなら、それは大間違い。
自分の思いを叶えてください。

全部「ありがとう」が叶えてくれます。
ウソだと思うなら、言い続けてください。

ありがとうトレーニング

基本は乱発です。

すべての物の名前を「ありがとう」に置き換えます。

奥さんの持ってきたマグカップのようなもの、今日から名前が「ありがとう」です。マグカップではありません。
奥さんのたたんでいるシャツの名前も今日から「ありがとう」です。断じてシャツではありません。

バカバカしいと思うなら、やってみてください。
できもしない男に妻を幸せにできる資格なんてありません。

そんな「ありがとう」でいいのか?と思うかもしれませんが、大丈夫です。
言葉が出れば、脳は後から「ありがとう」を考え始める。
そしてなにより、あなたが言ってくれた「こと」を、パートナーは嬉しく思うのですから。

ちなみに、1ヶ月半で「反射的ありがとう」は習慣化できるようになります。
習慣化するまでは「ありがとう」というたびに脈拍も少し上がって大変ですが、奥さんとの関係は確実に変わります。

妻を喜ばせることに躊躇してる場合じゃないぜ!!

shimoki150
執筆:下木修一郎(しもきしゅういちろう)
夫婦再生カウンセリング名古屋代表カウンセラー
岡野あつこ®師事、NPO法人日本家族問題相談連盟認定上級夫婦問題カウンセラー
実践離婚カウンセラー養成スクールのインストラクターを勤める
夫の気持ちを知る!夫の気持ち研究家
▶下木修一郎のプロフィール

男性専門の夫婦カウンセリングがいることを知っていますか?
女性夫婦カウンセラーに妻の気持ちを聞いてみましょう!